FC2ブログ

寝相アートコンテストはいかが?

 2012-12-20
いま、「寝ぞうアート」がブームだそうです。
写真集も出版されているようですね。

おやすみの魔法 when my baby dreams

アデル・エナーセン 双葉社 2012-12-05
売り上げランキング : 27395
by ヨメレバ



『寝ぞうアート』とは、寝ている赤ちゃんの寝ぞうを生かした演出(コスプレ?)で作った写真のことです。
もともとは、北欧のママさんが始めたのだそうです。

11月16日の「あさイチ」で紹介されているのを見て、初めて知りました。
>>あさイチのページ

まさか赤ちゃんの寝でこんな楽しみ方があったなんて!

我が家はもうまめにゃんが2歳を迎えてしまうので・・・ギリギリアウトぐらいなのがすごく残念。


そういえば赤ちゃんって時々、びっくりするような寝ぞうで寝たりして、笑いそうになることってありますよね。

たとえばこんな。
neteiru.png

兄弟バージョンもあり。
ぷちみに0904
これなんか、物語作れそうだったね(笑)

まめにゃんの恥ずかしい写真もアリ。
mamenyan120899.jpg


てか
これもある意味寝ぞうアート?
ぷちぐり0506
応援メガフォンがあればバッチリだったのに・・・おしい!
(古いケータイの写真なのでちっちゃいです)


あさイチでのお話によると、寝ぞうアートは

1)子どもの安眠の邪魔をしない

2)ハッピーな世界観にする
ほほえましいというか、たのしそうなアートにすることが大事。

3)寝返りを打ったら潔く諦める




が鉄則。


で、この静かなブームのなか、哺乳瓶などのベビーグッズのショップ・Bettaでは、「寝ゾウアート」のコンテストを開催しています。

テーマは「クリスマス」

ベッタベビーストアではキュートな寝相から生まれるあったかストーリーの写真を募集致します。

テーマはクリスマス。クリスマスを感じさせる心温まるお写真をご家族でチャレンジしてみませんか?
みなさまのご参加お待ちしております。

受付期間:2012年11月29日〜2012年12月26日




が・・・・

ひえぇぇぇぇ。気づけば締切6日前じゃん!!!!!!
このコンテスト自体を知ったのがつい最近だったので・・・・スミマセン^^;

でもおもしろそうだったので載せてみました。

興味のある方はベッタの寝ぞうアートコンテストの詳細を見てください。


私んとこはもう子どもたちのお年が無理っぽいですが、どんな作品が応募されるか興味あるので、時々のぞきに行こうと思っています。




寝ぞうアートの本で、あさイチで紹介されていたほうの本はこちらです。
こちらだと簡単手軽に寝ぞうアートを楽しんでいるのがわかり、とっつきやすそうです。
ねぞうアートの本 寝ている間にHAPPY赤ちゃん写真

小出真朱と@wondernunothc ぶんか社 2012-07-02
売り上げランキング : 4660
by ヨメレバ




スポンサーサイト



カテゴリ :子育てについてのお話 トラックバック(-) コメント(-)

かわいいデザインのスリングが特別付録つきなんだってby赤すぐ

 2012-12-15
手元に届いたメルマガから、何気に赤すぐネットを見ていたら。

こんなステキなスリングがありました。しかもなにやらおまけがあるらしい。


【赤すぐ限定プレゼント付】Baba Slings(ババスリング)

ぱっと見、サザエさんのお買い物かごみたいですが、スリングです。

あそこに赤ちゃんが入るんです。

和モダーーンな感じのスリング。

パープルってどぎつい感じがしたりして敬遠されがちですが、このパープルは和名で言う「紫紺(しこん)」という感じ?桔梗によく似た色ですね(「桔梗色」というのが別にありますが)。なんだかお上品な感じがします。


赤ちゃんグッズってポップなものか、薄い色のレースっぽいものとか、いっそモノトーンとかって感じのものが多かったりしますが、こんなデザインのものもあるんですね~。



ちなみにこの種類のスリング、違う形のものありますが、41種類の色・デザインがあります。

みてるだけで目移りしそうです。


イエローグリーンフラワーライムのような、みただけでウキウキしそうな花柄とか、

ダマスク柄みたいなシックなものまで。

(以上、画像提供:Fun★Cart)

41種類もあれば探しほうだい、選び放題ですね♪

今どきの赤ちゃんママさんと妊婦さん、うらやまし~!!

あ、そうそう、限定プレゼントと言うのがこれ。

>>使わないときに収納しておけるミニトートバッグ
(リンクはスリングのページに行きます。プレゼントの画像はリンク先でチェックしてみてね)

抱っこひもやスリングって、外出中に使わなくなったらけっこうもてあましてしまうんですよね。
トートバッグがあれば放り込んでおけばいいからラクですね。


上記スリングはネット限定商品だそうです。


>>【赤すぐ限定プレゼント付】Baba Slings(ババスリング)








カテゴリ :子育てについてのお話 トラックバック(-) コメント(-)

授乳中にテレビを見るのはダメと言われますが・・・

 2012-10-19
育児ママに対してタブーとされることのひとつに、「授乳中のケータイ」がありますね。

ちょっと前なら「授乳中のTV、読書はタブー」とかって言われてましたよね。

「授乳中は赤ちゃんの顔をじっと見てなさい」と言われます。


今回はこれに対して言い訳記事を書かせていただきます(爆)


ここでいう授乳は、新生児~生後10か月ぐらいの赤ちゃんに対して行う授乳を言います。


私はこの時期の授乳時はなるべくケータイは緊急以外さわらない、せいぜいメールが鳴ったら誰からか見る程度(でも普段から、メール音が鳴っても知らん顔のことが多いので、けっこうそのまま放置してましたけど^^;)
本を読んだりもしてませんでした。

ただ・・・これだけはダメと言われてもやめられませんでした。

それは・・・

深夜の授乳時のテレビ

理由は・・・

怖いから。


特に新生児期の授乳は夜昼関係なくしないといけないですよね。たとえ草木も眠る丑三つ時であっても。

そんな時間に赤ちゃんが泣いて、起きて、授乳。

その間の静寂が・・・怖い。


こんな時間に起きているのは私と赤ちゃんだけ。。。。怖い。


誰かの話し声が聞きたい。人の姿を確認していたい。

静かすぎるのは怖すぎる。


そんな理由で、赤ちゃんには申し訳ないと思いつつ、深夜にテレビをつけて授乳してました。

なもんで、深夜に放映されているショップチャンネルさんやジャパネットたかたさんには授乳中、ずいぶんお世話になったモノです。


こんな理由でも授乳中のテレビってだめなんでしょうか。

怖い怖いと思うほうがダメなんでしょうか。

テレビ依存症の私が悪いのか。

いろいろ意見はあるかもしれませんが・・・恐怖心を持ちながら授乳するのは嫌だったのでこうしてました。

おかげで深夜の授乳中、精神的に落ち着きました。

まぁほとんど、私自身の精神安定剤代わりにつけていたので、内容まではあんまり把握してませんでしたけど。
(それはそれでショップチャンネルさんやジャパネットたかたさんに、ごめんなさいm(_ _)m)
たまに「ぷっすま」とか「エンカメ」とかは見入ってしまうこともありました(懺悔)


日中の授乳はテレビがなくても平気でしたので、問題なく授乳できました。
ただ、私のほかに誰かいるときは、その人がテレビを見ていたので、テレビがついていた時はけっこうありましたが、私は無視して授乳。


そんなふうに過ごしてました。




で。


結局何が言いたいのかというと。


育児に関するタブーについては各方面の専門分野から、はっきり言って好き放題なことが言われます。

特に「母親の愛情」を理由に言われるのが一番つらくて、そしてやっかいです。

でも、全部っ聞いていたら「あっちをたてればこっちがたたず」みたいなことも出てくるんです。

実際、授乳についても「授乳中は赤ちゃんの顔をじっと見てろ」と言う割には、「授乳中は赤ちゃん自身はおっぱいを飲むのに必死で、おかあさんが話しかけたとしても聴いてない」という意見もあります。

結局、自分の状況や赤ちゃんの状況に合わせてどうふるまうか考えたらいいんだと思います。明らかに育児として逸脱したことでなければ。


育児ってきょうだいの数にもよりますが、長く携わる仕事。

多少ユルく考えるところがあってもいい。そう思います。

でないと母親の精神がもちませーーーーん。


以上。






カテゴリ :子育てについてのお話 トラックバック(-) コメント(-)

読み聞かせタイム、復活

 2012-04-06
新居に引っ越して、はや3週間たちました。

genkan11.jpg

玄関です。壁にかけてある絵はぷちぐりが描きました。

2階建てになったことで掃除の箇所は増えましたが、掃除のしやすい素材になったことや久しぶりの食洗機の導入、家事動線の改善により、全体的な家事負担はURに住んでいたころに比べてかなり減ったような気がします。

引っ越しの片づけも一部を残してほぼ終わりつつあり、多少の余裕もできたので、子どもたちへの絵本の読み聞かせタイムを復活させました。

就寝前の儀式として定着させようというハラもあり。二段ベッドの下段(みにぐりの寝床)にまめにゃんを連れてきて、二段ベッドの上段ではぷちぐりが耳を澄ませて聞いています。

bed02.jpg


絵本は2~4冊。セレクトはだいたいみにぐり。
お気に入りのこぐまちゃんシリーズや、図書館で借りてきた絵本が多いです。

そして早く寝かしたい私がセレクトすると、こんな本たちがそろいます。



もうねんね (松谷みよ子あかちゃんの本)

松谷 みよ子 童心社 1968-01-15
売り上げランキング : 7993
by ヨメレバ


こぐまちゃんおやすみ (こぐまちゃんえほん)

森 比左志,わだ よしおみ こぐま社 1984-01
売り上げランキング : 133334
by ヨメレバ


さすがに最近はみにぐりも「寝かせよう」魂胆がわかるようになってきたようで、さりげなくこのセレクトを避けるように・・・(爆)


絵本を読んでいる間、みにぐりはじっと聞いてくれています。ぷちぐりは途中でちゃちゃを入れつつも聴いています。寝落ちすることも多いですが(笑)

が・・・まめにゃんは^^;

暴れる暴れる。絵本に乗る。蹴飛ばす。ライトを隠す。。。。


おとなしく聞く体制になるにはまだまだ・・・です^^;




カテゴリ :子育てについてのお話 トラックバック(-) コメント(-)

にゃんこ一家の子どもたちは料理が好きかも?

 2012-03-10
つい先日、お誕生日で袴オールを着ていたまめにゃんですが、気づけばもう1歳2か月を迎えます。

ついこないだまでは、おにいちゃんたちが遊んでいるトミカや車のおもちゃに興味津々でしたが、最近様子が変わりました。

mamenyan2401.jpg

おしゃもじを手に、フライパンで炒め物ごっこ。

最近のまめにゃんは、おしゃもじが大好き。炊飯器のそばに置いておいたら必ずなくなっていて、ふとまめにゃんを見ると、おしゃもじもってフラフラと家じゅうを練り歩いています。

まぁ女の子らしく、おままごとに興味が

って言った時期も一瞬だけ(爆)ありましたが、やたらとおしゃもじがなくなるので困る。

というわけで我が家にはおしゃもじが3本。しかも全部スタメン状態。控えなし。


と、そういえば。

この光景、どっかで観たことがあると思ったら。

この人もまた、おしゃもじが好きでした。
puchiguri0701.jpg

長男ぷちぐり1歳3か月ぐらいの頃。よく見たら口元にごはんつぶが。

しかもぷちぐりは我が家はもちろん、夫の実家や私の実家に行った時も、キッチンのシンク下を開けてはおなべやフライパンを取出し、お玉を持ってカンカンならして炒め物ごっこをして遊んでいました。


そんなぷちぐりは現在、ホットケーキを焼くのが好きです。
「しろくまちゃんのほっとけーき」の影響が大きいかも。

また、幼稚園の担任の先生が食育にすごく力を入れている先生ということもあり、年長時代もそろそろ修了のぷちぐりはこの一年の間にすっかり、食に詳しくなりました。私も教えてもらうぐらい。


そしてこの人。この人はどっちかというとおしゃもじというより飯が好きだったようですが。
みにぐり1003米粒

当時1歳1カ月。伊勢旅行の時、みにぐりに釜めしのお釜を襲撃された時の画像です。このあと米粒の始末が大変だった・・・笑

みにぐりは1歳当時はほとんどおままごとに興味はなく「ボク食べる人」状態でしたが、最近、玉ねぎの皮むきとじゃがいもの皮をピーラーで剥くことに興味を覚え、手伝ってくれます。

お手伝いじゃなくても玉ねぎを見つけたらいつのまにか皮をむかれていたりも・・・。

あと、ホームベーカリーに材料を投入するのも好きらしい。



まめにゃんも今のおしゃもじ好きを上手く利用すれば、お兄ちゃんたちのように引き続きお料理に興味を持ってくれるようになるかも。。。

さて、どう教育しようかな♪




カテゴリ :子育てについてのお話 トラックバック(-) コメント(-)

同じ学ぶなら好きなキャラクターで♪~いないいないばぁっ!で遊びながら学ぶ幼児教材

 2011-03-02
こどもちゃれんじをはじめ、最近は幼児教育教材もいろんなものがありますが・・・

先日ヒジョ~に素敵な教材が開講スタートということを知りました。

なんとおなじみ「いないいないばぁっ!」のキャラクターで楽しく遊びながら生活習慣などを身に着けられるという教材♪
「やったね!」いないいないばぁっ!コース(対象年齢1歳半ぐらい?~2歳後半ぐらい)

やったね!いないいないばぁっコースサイト
サイト→http://www.nhk-ep.com/shop/special/yattane/index.html


この「やったね!」いないいないばぁっ!コースは
2か月に1回、オリジナルDVDとやったねトイ(知育玩具)が届いて3,150円。
1年コース、6回届くそうです。
以下、カリキュラム。
NHK教育カリキュラム説明

画像では見えにくいんですが、DVDの収録曲にひかれました。知ってる歌ばっかり!

そういえば、「いないいないばぁっ!」を見ていたら

「おき~がえ、おき~がえ、およ~う~ふく~」
とか、

「ぱっくん、も~ぐも~ぐ、か~みか~み、も~ぐも~ぐ」

という感じに生活習慣を身に着けることを促すような、親しみやすい歌が流れてますよね。

親子ともども最初から知っている歌なら、なじみがあるので効果がありそう!



これ・・・ぷちぐりが2歳の時に開講されていたらなぁ・・・と思いました。
当時のぷちぐりは特に「いないいないばぁっ!」が大好きで、保育所から帰るとヘビーローテーションで録画ビデオを見まくっていました。
それぐらい好きなキャラで遊びながら生活習慣を教えていけたら、親としてもやりやすいだろうなと思うのです。

結局当時は、数ある幼児教材のなかで最もリーズナブルで信頼できるブランド?の「こどもちゃれんじ」を受講させることにし、幸いにもぷちぐりがしまじろうになじんでくれ、いい感じに受講を続けられました。
(が・・・年中さんコースに入ってからは学習的要素が多くなってきたからか、ぷちぐりがあまり興味を示さなくなり、結局退会しちゃいました。ベネッセさん、ごめんなさい・・・)


そして今・・・弟のみにぐりが対象年齢ストライクゾーン。

ちょうど、「食事のことや生活習慣をしっかり教え始めなきゃ」とか、「もっといろいろ体験させたい」とか思い始めている頃。

ケチな私はとりあえず、過去にぷちぐりが受講していた「こどもちゃれんじ」のDVDと本を引っ張り出し、みにぐりに見せてみたのですが・・・

反応がイマイチ・・・(涙)

ぷちぐりはすぐにしまじろうになじんだんだけどなぁ・・・。

しかも、「しまじろう ヘソカ」(というテレビ番組があります)も何回か見せたりして、全くなじみがないわけではないんだけどなぁ・・・。


みにぐりはひょっとしたら「いないいないばぁっ!」のほうがいいのかも・・・なんてつい、この教材の存在を知った途端に思っちゃいました。

入会特典の「ワンワンパペット」や、トイレトレーニング用の「うーたんのトイレでスー」なんかは、似たような教材が「こどもちゃれんじ」にもあったよなと思いつつも・・・

ワンワンにうーたんだからこそ、
「欲しいな」
「使ってみたいな」なんて思うのです。


ちなみに2012年度には「おかあさんといっしょ」コース(3歳~4歳)と「みぃつけた!」コース(4歳~5歳)も開講されるそうです。どれもみにぐりの好きなのばっかり。

ああ、どうしよ。一度みにぐりを遊ばせてみたいなぁ。

ただ、中身の割には少し高価かな、という気もします。おためしがあればいいのに~~~


「こどもちゃれんじ」なら絵本と保護者向けの冊子もついてくるのでそっちのほうがお得かも。


とはいえ、こういった子どもに何かをさせるためのものって、こどものテンションをいかに上げさせるかがポイントでもあります。そうなると、「子どもの好きなキャラクターもの」というのはポイント高いですよね。


この春、こどもさんに何かさせようと考えておられるなら、ちょっと選択肢に入れておいてもいいかもですね。








カテゴリ :子育てについてのお話 トラックバック(-) コメント(-)

ぷちぐりが話す、お空の世界にいた時の話

 2011-02-24
次男みにぐりを妊娠中だった約3年前に読んだ本を先日、読み返していました。






両方とも、赤ちゃんの胎内記憶「赤ちゃんがママを選んで生まれてきた」「お空でママを見ていた」といったようなことを子どもたちから聞き取ったという産婦人科の先生が書いた本です。

なぜ今これらの本を読み返したくなったのかというと・・・

まめにゃんを出産したばかりというのもありますが、先日から長男のぷちぐりが非常に興味深いことを話すようになったからなのです。

以下、ぷちぐりが話したこと&補足です。

・フィットの後ろでみにぐり、まめにゃんと一緒にパパとママを見ていた

フィットはご存じ、Hondaの車のこと。我が家にはフィットはありませんが、新婚時代に行った九州旅行で借りたレンタカーがフィットでした。ま、その時の旅行の写真を何回もぷちぐりと一緒に見ていたから、車種がはっきりと言葉に出てきたのでしょうが。


・パパはカッコイイし、ママはかわいいし、ここに産まれたら楽しそうだから3人で相談してパパとママを選んだ

カッコイイ???嘘や(爆)かわいい??それは当たってる(爆)(爆)
というか子どもたちの審美眼を疑問に思いつつも、本当なら選んでくれたことに感謝。


・生まれる順番はじゃんけんで決めた。最初にオレがグーを出して勝ったから来た。まめにゃんはちょきばっかりで負けたので最後になった。


・全員グーを出したら3人一緒に行こうと思っていた

三つ子の可能性もあったということか!!
よかった、全員グーじゃなくて^^;


・幼稚園に行く途中、まめにゃんがママのお腹に降りてくるのが見えた


これホントにぷちぐりの想像???
まぁ、「フィットに乗って・・・」のくだりは写真を見たせいでそんなことを言っているのだろうなと思うのですが。。。

それとも以前にタヒチの新婚旅行の写真を見ていた時に「ぷちぐりはこの時どこにおったん?」と聞いてきたので
「お空の世界じゃない?」って言ったことがあったから、こんなことを言うようになったのかな。。。


にしても謎です。

・・・ということで再び上記の本を読みたくなり、読んでみたのです。
やっぱりぷちぐりと同じようなことを言っている子どもたちが他にもいるようで、思わずうなってしまいました。


ぷちぐりの言っていることって本当に記憶?それとも想像?


まぁどっちでもいいのですが、少なくとも子どもたちがこうやって私たちを選んだと行ってくれているのは確か。それはすごくウレシイことだし、それだけ優しく厳しくしっかり育ててやらないといけないなとあらためて思います。



みにぐりやまめにゃんが話せるようになったら、何か話してくれるかな。今度はそれが楽しみだったりして。

たとえ想像でも(笑)




カテゴリ :子育てについてのお話 トラックバック(-) コメント(-)

『天才じゃなくても夢をつかめる10の法則』見ました

 2010-01-11
日曜日の楽しみ「仁-JIN-」が終わったのでさみしいなーーと思っていたら、昨日の夜21時から日本テレビでおもしろい番組が放映されていたので見ていました。

天才じゃなくても夢をかなえられる10の法則

「天才じゃなくても」ってどういうこっちゃ!と多少は思いつつも内容は、古今東西の偉大な業績を上げた方々のしつけや教育、行動がどのように夢の実現に結びついたのかを、脳科学による検証も織り交ぜながら見出された法則をエピソードつきで紹介した番組で、なかなかおもしろかったです。

今後の子どもの教育にも役立ちそうなので、番組を見つつ、ワードでメモりました。
せっかくなので、ここにも載せちゃいます。何気に見ていて「録画しておけばよかったーーー」と思った方の参考になれば。。。


きっちり10の法則としてまとめきれなかったのですが、「これは!」と思うことはメモれていると思います。
そして私のオリジナル解釈も入れました。


石川遼くんの家庭から学んだ法則

■夢を持つと頭がよくなる。
頭が良くなるというのは夢に関する脳の領域が活性化し、夢を実現するまでの計画性が養われるということです。かなえるために具体的にどうしたらいいのか、脳が考えようとするんだそうです。



そういえば夫が私と出会う前に「H12~17年の5か年計画」と称し、いろいろ考えていたそうです。車を買うとか結婚するとかで・・・最終年に計画されていたことが「子どもの誕生」だったそうです。夫いわく、「ほぼ全部計画通り」だそうです(笑)

だから、夢はどんどん言葉にし、ノートや模造紙に書くなり、人に書くなりしよう!


■夢を否定してはいけない。
否定したら夢をなくす可能性がある。子供が夢について話したら具体的に実現までにどうしたらいいか親は真剣に相談に乗ってあげることが大事。




■子供は厳しくしかる。
脳科学の見地から言えば、身体の痛みと心の痛み、他人の心の痛みはを感じる部分は同じ場所なのだそうです。
また、最近の研究では、厳しくしかった子どもとそうでない子どもとでは、そうでない子どものほうが攻撃性が高いというデータが出たそうです。虐待にならない程度のほんの少しの痛みを伴うぐらいな多少の体罰ならOKとのこと。



体罰に関してはほぼ同じようなことを脳科学おばあちゃんの久保田カヨ子さんもおっしゃってました。


ただし。

■失敗はしからない。


本人が反省しているのにしかると追い討ちをかけるので。


■子供を思いっきりほめる
ほめられるとやる気が出るホルモン・ドーパミンの分泌が促される。そのため、ほめられるとやる気になれるということ。
ただし、年齢によってほめ方を変えないといけないそうで。7歳までは親がほめてあげ、8才からは他人にほめられると効果が大きいそうです。



■好きなことは思いっきりやらせる
一万時間の法則「好きなことを毎日続け、一万時間を超えると一流になれる」というそうです。→一万時間の法則についての詳細




坂本龍馬の生き様から学んだ法則

■おねしょが直らない子は大器晩成の可能性あり。
坂本龍馬の幼少期はねしょんべんたれのはなたれだったそうです。(そういえば大学時代の先輩で、そのふたつが自分との共通点だと胸を張っていた坂本龍馬ファンの先輩がいたなー。おもろい人やった)
脳の中で排泄を調整する機能をつかさどる部分と、知性をつかさどる部分は同じなので、そこの発達が遅い人は遅咲き。後々おお化けするかも。




■たくさんの人と会うこと。
視野を広げていくと夢が見つかる。オープンマインドの人には知的な流入がたくさんある。


いろんな人と交流し、いろんな情報を交換することで自分も成長できるし、成長することで夢に近づけるのではないか、と思います。
そしてそのためには、自分も他人の役に立つ情報を与えることも大事。


エジソンの幼少期の教育から学んだ法則

■どんどん失敗する・反省し、そこから学ぶことで夢に近づける


失敗に関する名言は著名人にもたくさんあります。

本田総一郎氏:成功は、99%の失敗に支えられた1%だ

松下幸之助氏:成功するためには成功するまで続けることである。途中であきらめてやめてしまえばそれで失敗である

ユニクロ創業者の柳井氏:私の経営を星取表とすると1勝9敗。もしこれを成功と呼べるなら、失敗を恐れず挑戦してきたからだ

メアリー・ピックフォード:失敗とは転ぶことでなくそのまま起きあがらないことなのです。

ミケランジェロ:私たち皆にとって高い目標を掲げ失敗することは危機ではない。低い目標を達成し、満足することこそ危機である

特に最後のミケランジェロの名言は胸に刺さります。アフィリ目標、もうちょっと高くしよう(笑)

それより私は幼少期のエジソンの「1+1=1だ!二つのコップの水をひとつのコップに入れたら1になるじゃないか。粘土だって二つを足したらひとつになるじゃないか」という考え方に目からうろこでした。(伝記には載っている周知のことなのかな?でも私は読んだことないから知らん)


手塚治虫のお母さんの教育から学んだ法則

■感情豊かな読み聞かせは効果大。
手塚治虫氏のお母さんは、治虫氏に漫画の読み聞かせをしていたとか。それも感情たっぷりに。脳は感情が伴ったほうが成長する。


そういえば記憶も感情が伴うほうが定着しやすいと学んだことがあります。
また、バラエティー番組は脳を発達させるそうです。それをみることによってさりげなく人間関係を学ぶとか。ホントかな~~?これに関してはちょっと疑い気味。


キュリー夫人の親子から学んだ法則

■親のそばで勉強させる。
母子関係が密なほど頭がよくなる。戦後日本の育児論に大きな影響を与えた方が「放任主義のほうが育児にはいい」なんてことを言っていたのですが、のちに「あれは間違いだった」と理論を撤回したそうです。
また、有名進学校に進学した子どもの多くは、リビングで勉強していたという仰天データもあるのだとか。


その仰天データの参考文献は

親の目の届くところで勉強させるほうが子どもも「ほら!ボクこんなに頑張ってるんだよ、見てみてっ!」っと思って頑張るんだそうです。
住宅事情もだし、子供用の勉強部屋より勉強コーナーのほうがいいのかも。

盲目のピアニスト辻井伸行氏のお母さんから学んだ法則

とことん親ばかになれ。親ばかにならないと子供の才能を見つけられない。
授乳や赤ちゃんのお世話によって分泌されるプロラクチンというホルモンは、母親の脳を育児向きの脳に変えていくのだとか。こうなると子供の微妙な変化に気づきやすくなるそうです。


子どもがちょっと何かすごいことをすると「将来は●●に・・」なんてよく言ってたりしますが、それもまんざら悪くないのかも・・?

参考文献はこれでした。



そして夢をつかむためにもっとも大事なことは・・・

自分の夢のすばらしさを信じ続ける。夢をもち続ける。夢の主人公は自分自身。




なのだそうです。

ということで、みんな、夢を持とう!

私もほんの少しだけ壮大な夢をさきほどノートに書きました♪そして夫にも言いました。
がんばってみよう~~~


お正月明けに見るにはちょうどいい、今年や今年からの目標について考えたくなるいい番組でした。(もちろん教育に関しても)


■私の記事より上手にまとめている方がおられたのでリンクします。
「天才じゃなくても夢をつかめる10の法則(詳細編)」きまま☆Diary



「こうだったらいいな」育児グッズに物申してみたい

 2008-10-21
二人目みにぐりの出産まであと3ヵ月半ぐらいになりました。

一人目息子ぷちぐりの時に使っていたグッズで使えたものと使えなかったものを思い出してリストを作ろうと思っているところです。

ぷちぐりのときと違うのは、みにぐりの出産予定日が冬真っ只中なので、寒さ対策グッズが必要なこと。

そこでふと思い出したのが、ぷちぐりのときに使っていた、おしりふきウォーマー。
夜中や寒い日にオムツを替える時、直でお尻ふきを使うとお尻が冷たくて赤ちゃんがびっくりすると聞き、使っていました。コンセントを挿して常に保温しておいてくれるタイプのものです。

ところがこのグッズ、困ったことに長時間おしりふきウォーマーにおしりふきを入れておくと。おしりふきが乾燥してしまい、濡れティッシュ仕様のものがただのごついティッシュ状態になってしまうのです。

かといって、夜だけコンセントを挿すなんてことをしていると肝心の時に温かくなっていないし・・・。

意味ないじゃん。

結局すぐ使わなくなりました。

おしりふきウォーマーには、コンセントを挿して使うもの以外にも販売されているようなのですが、それだったら乾燥しないかな?と思うも、でも結局、保温という行為自体が水分を奪うのかもしれないし。。。水分を失わないおしりふきウォーマーがでたら使用を考えたいなぁと思ってます。

・・・でも、たとえ個人でこんなことを思っていても、そんな商品がいつ開発されるのかな?
できればこういう意見って、育児グッズを企画される方に聞いてほしいなと思ったりするのです。
手っ取り早いのは、そのグッズのメーカーさんに意見を出すことかもしれませんが・・・。

妊娠・出産・育児の強い味方である「たまひよ」では、「育児のすごグッズ工房」という、ママたちの声を反映させたグッズを開発するという商品開発プロジェクトがショッピングモールでスタートします。まずはアンケートにてどの商品を開発するかを決めるようです。アンケートに答えると、ショッピングモールのポイントが50ポイントもらえるとか、アイデアが採用されたらその商品がもらえたりなどの特典もあります。

企画の喜びも味わえるこのプロジェクト、まずは気軽に参加してみても面白いかもしれません。



たまひよ&すっくのネットショップ


リンクシェア レビュー・アフィリエイト



お世話になりっぱなし「ベネッセウィメンズパーク」

 2007-03-14
私が息子を妊娠中のときですが。

妊娠がわかった時に受診していた医院がお産ができないところだったので、近くの病院に転院しました。
ところがそこの産院の医師と合わず、再度転院を検討していた時にベネッセウィメンズパークの地域のクチコミコーナーで、少し遠いけど

「子ども好きの先生が助産師の奥さんと一緒に開業しているアットホームな雰囲気の産婦人科がある」という書き込みを見つけました。

他の方の書き込みもいろいろ読んでみるとけっこう評判のいい産婦人科のようでしたのでそこに転院し、最終的にココで出産しました。

その産院は開業して1年ちょっとの新しいところだったので、今までいろいろなサイトを見ても情報が得られませんでした。ベネッセウィメンズパークを見ていなかったらこの産院を見つけられなかったかも・・・と思うと、会員になっていてよかったなぁと思います。

お礼の気持ちをこめて、その産院のクチコミ情報を産婦人科探しに提供させていただきました。
もし奈良県で産院を探す方がおられたら私の文章に出会うかもしれませんね。



ベネッセウィメンズパークってどんなサイト?

進研ゼミやこどもちゃれんじ、たまごクラブなどでおなじみのベネッセコーポレーションが運営する女性だけの口コミサイトです。会員数は約87万人。

妊娠、出産、育児についての相談やアドバイス、産婦人科や小児科、幼稚園の口コミ情報などが活発に情報交換されています。

私が探していた情報「どこの産婦人科が評判がいいの?」とか「うちの子は、まだハイハイしないけど大丈夫かしら?」といった不安や心配なことが気軽に相談できます。私もよく覗いていますが、いわゆる「荒らし」やマナーの悪い書き込みも少ないように思いますので、安心して利用できるクチコミサイトだと思います。



ちなみに、小児科も小児科探しで情報を得て、すぐ近所の小児科をかかりつけにさせていただきました。そこも評判がよく、スタッフの方もすごくよくして下さるので助かっています。

さて、今度は幼稚園探しかな(笑)

そんなこんなで、日常のちょっとした「困った」やライフステージの変わり目に役立てられるサイトだと思います。

リンクシェア レビュー アフィリエイト


≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

♪にゃんこ☆

Author:♪にゃんこ☆
2004年3月に結婚(夫HN:グリーンウェル)、2005年1月に妊娠がわかり、同年9月に長男(HN:ぷちぐり)を出産しました。
さらに2008年5月に二人目を妊娠し、2009年1月に次男(HN:みにぐり)を出産しました。
そして2010年5月、三人目を妊娠。2011年1月に長女まめにゃんが誕生しました。
ただいま3人育児に奮闘中です。

お問い合わせ窓口とにゃんこ一家のプロフィール


詳細は【にゃんこ一家のプロフィール】にて。

※広告掲載について
このブログは、アフィリエイトシステムを利用して広告掲載をしています。
>>詳細

本家サイトです
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最新トラックバック
カレンダー(月別)
09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

BlogPeople
ユーザータグ

ぷちぐり みにぐり ぐりーん 料理 スイーツ 育児 妊娠生活 産科医療 まめにゃん にゃんこの実家 発達 保育所 ぐりーんの実家 幼稚園 連続ドラマ ダイエット 絵本 おなかの赤ちゃん  言葉 風邪 クリスマス お正月 旅行 離乳食 小児科 妊娠出産育児の本 飲み物 外食 マイホーム 産後ママ レシピ 家電 大阪 小説 見本市 誕生日 子どもの行事 トミカ 赤ちゃんの危険 海水浴 NHK教育 健診 入院生活 ファッション 予防接種 リンクシェア 阪神 ねんね 家事 コミック ハンドメイド 妊婦健診 ユキ うんち にゃんこの子ども時代 手作り 久美浜 はんど&はあと 授乳 にゃんこのお友達 J-POP トイレトレーニング 競馬 アニメ ライフスタイルの本 遊び 年賀状 いたずら ケータイ 読み聞かせ あんよ 生理 二宮和也 お笑い 端午の節句 今年の抱負 母乳育児 みなと悠悠 振り返り レビュー 入園準備 派遣の仕事 年末 関西の番組 Wii 節約 韓国ドラマ おむつ  ワンピース 収納 ぐりーんの車 おもちゃ ぷちぐりのお友達 福祉 アフィリエイト インフルエンザ 日本映画 レシピ本 朝ごはん 赤ちゃん 母の日 ムーブ 食育 映画 嘔吐 音楽 にゃんこの車 結婚記念 ギフト スペシャルドラマ 小学校 モラタメ 帝王切開 冬至 ぐりーんのお友達 ベルメゾン 芸能ネタ 散歩 セシール 奈良 公園 ビタミン 幸せ本  入院準備 薬膳マイスター 雑貨 二人目が欲しい お弁当 七夕 たっち 写真 通園グッズ 温泉 バレンタイン 幼児教室 ロタウィルス 阪神淡路大震災 伊勢 防災 おせち  発熱 ニッセン きょうだい 下痢 出産 産科ニュース 遊園地 図書館 内祝 CM LSレビューアフィリ しつけ お盆 祭り スマホ 劇団四季 デジカメ 歳時記 アイリスプラザ 入学準備 トイザラス 夢をかなえる 神社 がくぶん 綾瀬はるか 姫野カオルコ 年中行事 年越し コスメ 大掃除 お手伝い 洗濯機 基礎体温 ひなまつり ミシン お名前シール 子ども服 内祝い 記念日 家具 flumpool テレビ 突発性発疹 参観 メジャー エイプリルフール 小栗旬 教育 LSチャンネル 複合機 ぜんそく カラオケ 有馬記念 ぐりーんの職場 おさかなちゃん お月見 ママの就職活動 病院の仕事 東野圭吾 ベルメゾンネット にゃんこの独身時代の話 地震 公文 産院 勝谷誠彦 赤ちゃんグッズ こどもちゃれんじ 結婚 チャングム ランキング つわり プラセンタ 節電 ドラマ 入学 菖蒲湯 母乳 韓国語 簿記 迷子 潮干狩り 食あたり はいはい お産の兆候 松山ケンイチ GW 陣内智則 朝顔 悪露 野球 医療ドラマ 政治家 いきものがかり 遠足 迷信ネタ 戦争 公団 生活リズム まつり 試験 人見知り ビジネス書籍 引越し  栄養 ノート術 サワガニ 水族館 おかげ横丁 鳥羽 桃の節句 ソフロロジー 戦争ドラマ お通夜 お葬式 花火大会 健康に関する本  もちつき 母親教室 香り お酒 トミカ博 レミオロメン タヒチ だだこね 七草 水槽 食材の効能 ホワイトデー 胎教 にゃんこの子ども時代の話 準備品 菅原道真 地デジ アンパンマン 鶴橋 名刺  バイキング たんぽぽコーヒー 医療の制度 成宮寛貴 ハロウィン 夜泣き 受験 日商簿記 焼肉 BentoBOX リンクシェアチャンネル 年金 LSレビューアフィリ IKEA モニター 乳腺炎 ティーライフ クラシック お風呂 戦争映画 内科 食欲の権化 紅白  柚子湯 プレゼント 大河ドラマ 映画化 正月準備 PC 楽天 テーマパーク 博物館 運動会 ブログ MT 心理系の本 ヘアケア 上杉隆 名づけ 三浦春馬 こむらがえり 迷信 ミキハウス 検診 児童書 映画館 競馬場 保健センター  はなかっぱ NMB48 チョッパー キャラクター 保存食 からだにいい本 マッサージ 防寒 新居 サイト ガンダム NHK 買い物 紅葉 ダウンジャケット おでかけ BBクリーム 家事グッズ サイト運営 Eテレ ゆず湯 おうちカフェ 洗濯 こいのぼり 耳鼻科 闘病記 習い事 乗り物 ぷちぐりの友達 学習 気管支炎 キッチングッズ つかまり立ち 伝い歩き コンテスト ルクエ 夏祭り 安全対策 お出かけ 東急ハンズ ミネラル 掃除 グッズ 森下仁丹 写真撮影 mixi TSUDOI 給付金 イチゴ 若松美穂 サンキュ! ポイントサイト アニメ映画 通勤 仏教行事 入園 おお振り 音楽番組 実用書 救急 ニュース 天気予報 録画 サイト紹介 生理不順 スキンケア キャリーバッグ ベルーナ 銀魂 おばあちゃんの知恵袋 夢展望 パーティー しまじろう 美容院 SONY DVDレコーダー キッチン 名前つけ 祖父母 日本橋 故障 自転車 仮面ライダー ひらがな UR賃貸 クイズ ホットケーキミックス ZARD 裁判 新書 法事 水遊び iPod ノンフィクション フォトブック あせも 国民休暇村 花火 皆既日食 バラエティ 祝い 防犯 便秘 扁桃腺炎 ワーキングマザー バーベキュー カフェ ベランダ園芸 子育て支援制度 介護 葬儀 アデノウィルス 御殿場 寝返り発達 コスプレ 相談 サプリ 葉酸 サンキュ ハードディスク ノートPC 結婚記念日