FC2ブログ

阪神淡路大震災から15年

 2010-01-17
今日は阪神淡路大震災が起こってからちょうど15年です。

奈良県は震度4でしたが、かなり激しい揺れに感じたのでこのときのことは良く覚えています。

どうやら私は、何か大きなことが起こる時って妙に早起きしてしまうらしく、この日もそうでした(過去に昭和天皇崩御の日に朝の4時半に目覚めたことあり)。
布団の中でなんとなくぼーーーーっとしていたらいつもの地震より激しい揺れ。布団の中にもぐりこみ、じっと揺れが静まるのを待っていました。

揺れで起きた母と「何?今の揺れ・・・」と言いながらテレビをつけ、情報を待つも特に何も報道されず。
そのうち、当時付き合っていた彼(当時大阪府吹田市在住)から電話がありました。

「家の外がすごいことになってる!!看板は落ちていて・・・とにかくぐちゃぐちゃ!!」

いったい何が起こったんだろうと思いつつ、当時勤めていた病院へ出勤しました。

病院の受付はカルテが散ったぐらいで特に大きな被害はなく、いつもどおりに仕事が始まりました。
受付の合間にちらっと見た病院の待合室のテレビには鳥居が崩れた生田神社が映し出されていました。
「えっ!?なにこれっ?」というのがその時の感想。正直この時は、「こんなにもろい鳥居だったとは知らんかったーーー」程度に思いました。

が・・・そのあと映し出された映像に、思わず固まってしまいました(仕事中でしたが)。
横倒しになった阪神高速。。。各地で起こる火事。。。

こんなに大変なことになっていたなんて・・・・と思いました。

その後帰宅してニュースを見るたび被害が大きくなっていることを知り、愕然としましたが。。。

神戸や淡路の方々のたくましい頑張りと、神戸の被災者の方々を助けたいと思った人たちの支援と、15年の歳月とで街も元気になりました。

関西を中心に流れている、関西電力のCMを見るたび、涙が出そうになります。

そしてこのCMを見ると、神戸ルミナリエがただのデートスポットではないということを思い出したり。

この震災では多くの方が被害に遭い、たくさんの方が亡くなられました。
被害者の方々のご冥福をお祈りするとともに、この震災から学んだことをこれからも生きて行く私たちは、教訓として生かしていかなければならないなと思います。

助け合いの大切さ。
非常時の報道のあり方。
都市型地震の際に被災者がどのようなことを望むのか、何を支援すればいいのか。
災害に対する備え。

うっ。
うちは備えが不十分・・・。まずい。


関連記事
>>ブックレビュー「Still alive―まだ生きている 救急隊員がみた阪神・淡路大震災」2007.1.17

ブロ友ねこねこさんのブログ「テレビッ子主婦の、いいものみ~つけた♪」に阪神淡路大震災の記事が掲載されていました。
阪神大震災~神戸新聞の7日間
阪神大震災からもうすぐ15年。関西電力の感動CM



スポンサーサイト



保育所に行ったら

 2008-01-29
今朝、息子を保育所に送っていったら、ストックのオムツがないことに気づきました。

ま、今日は10時過ぎから派遣会社の登録に出かける予定だったので、出かける前に保育所に届けることを約束し、私は家に戻りました。

そして身支度をし、車で保育所に向かい、オムツを持って息子のクラスに向かうと・・・・。

部屋が真っ暗で、先生たちと子どもたちが円陣を組んだようなスタイルで真ん中に固まってうずくまっていました。

な、何?



保育所に行ったら の続きを読む

Still alive―まだ生きている 救急隊員がみた阪神・淡路大震災

 2007-01-17
Still alive―まだ生きている (You comics)

川富士 立夏 集英社 1998-03
売り上げランキング :
by ヨメレバ


 あっ、17日になってしまった。

 毎年1月のこの時期になると、あの阪神・淡路大震災を思い出す。メディアもまるで風物詩のように取り上げるということもあり、思い出さずにいられないというのもありますが。。。

 奈良の被害はそう大きくはなかったものの、震度4(奈良)はこちらではめったに体験しないし、早朝と言うこともあり非常に恐かったことを覚えています。

 しかし実際、被災された方々がどんなに辛い思いをしたか、被災者に対する心ない言動に辛い思いをさせられていたか、想像を超えるものがあったと思います。
 この作品によって少しでも彼らの気持ちに近づけるのではないか..そんな風にも思いました。

 この作品は、野上というT市の救急隊員、逆瀬という同僚の通信員、そして消防士の娘美里の視点からみた震災ドキュメンタリー。 救急体制の貧困さと助けたいのに助けられないジレンマに悩まされる救急隊員、被災者の様子やマスコミの暴力がリアルに描かれてます。

 作中にもありますが当時、T市の消防車はたったの6台。この6台で救急隊員は瓦礫の下に生き埋めになった人たちを助けるために走り回ったのだそう。

 通報のあった頭部出血多量の男性を助けるために出動した救急隊員が途中で瓦礫に埋まっている若い男性に出くわす。 周囲の人は当然「助けたって」と言う。救急隊員は「トリアージ」(災害時などの特殊な状況において、重症者を選別、助かる見込みのある者から優先的に治療・搬送すること)することを要求された。結局、目の前の若い男性を救出し、その後、最初に通報のあった男性のところに駆けつけたらその男性は息をひきとった後。

 家族は「今更担架なんかいらんわい!なんで生きているうちに来んかったんや!(略)お前らや!お前らが殺したんや-!」と号泣。救急隊員は引き返し、こうつぶやく。
 「担架が重いな。誰も乗せていないのにどうしてこんなに重いんだろう。」彼らの苦悩が痛いぐらいに伝わって、正直、読みながら涙、でした。

 また、この作品は震災当時のマスコミの無神経さをも描いています。「煙がどんどんあがっていて温泉街に来たような感じがしています」...ひどい。だったらあんたら観光に来てるんかっ!ってつっこみたくなる。

 そういえば当時、「こんな大地震が東京で起こっていたら...」とやたらテレビで言われていたのを思い出しました。まるで神戸だったからよかったといいたげな発言。聞いていた私は許せないと思ったのを覚えています。関西人として聞き捨てならん。

 とはいえ、それらのような当時の悲惨な状況だけだったら重い作品で終わっちゃうんですが、阪急電車が復旧して走るシーンやラストで震災での救助活動から救急隊の仕事に対する誇りをもてなくなった野上救急隊員が仕事への誇りを取り戻すところでは救われる思いがします。

 あれから12年。自然災害はどうしても避けられないもの、これらと今後うまくつきあっていくために地震に強い建物を作るとか救急災害体制をしっかりさせるなど、国や自治体の課題はまだまだたくさんありますよね。震災の犠牲になった方々の死を無駄にしないように、震災の教訓を今後にも生かしていかなければ!と思います。まずは防災グッズの準備から。

 最後にこの震災で亡くなられた方々の御冥福をお祈りします。




≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

♪にゃんこ☆

Author:♪にゃんこ☆
2004年3月に結婚(夫HN:グリーンウェル)、2005年1月に妊娠がわかり、同年9月に長男(HN:ぷちぐり)を出産しました。
さらに2008年5月に二人目を妊娠し、2009年1月に次男(HN:みにぐり)を出産しました。
そして2010年5月、三人目を妊娠。2011年1月に長女まめにゃんが誕生しました。
ただいま3人育児に奮闘中です。

お問い合わせ窓口とにゃんこ一家のプロフィール


詳細は【にゃんこ一家のプロフィール】にて。

※広告掲載について
このブログは、アフィリエイトシステムを利用して広告掲載をしています。
>>詳細

本家サイトです
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最新トラックバック
カレンダー(月別)
11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

BlogPeople
ユーザータグ

ぷちぐり みにぐり ぐりーん 料理 スイーツ 育児 妊娠生活 産科医療 まめにゃん にゃんこの実家 保育所 発達 ぐりーんの実家 幼稚園 連続ドラマ 絵本 ダイエット 風邪 クリスマス おなかの赤ちゃん  言葉 お正月 離乳食 旅行 小児科 妊娠出産育児の本 飲み物 レシピ 家電 産後ママ マイホーム 大阪 外食 誕生日 小説 トミカ 子どもの行事 見本市 リンクシェア NHK教育 海水浴 予防接種 入院生活 赤ちゃんの危険 阪神 健診 ファッション うんち 家事 ねんね ユキ ハンドメイド 妊婦健診 コミック トイレトレーニング J-POP 授乳 にゃんこの子ども時代 久美浜 にゃんこのお友達 手作り はんど&はあと 年賀状 あんよ 読み聞かせ 競馬 アニメ ケータイ ライフスタイルの本 いたずら 遊び 端午の節句 入園準備 お笑い 母乳育児 二宮和也 みなと悠悠 今年の抱負 生理 レビュー 振り返り 派遣の仕事 関西の番組 おもちゃ  節約 収納 ぐりーんの車 Wii 年末 おむつ ワンピース 韓国ドラマ スペシャルドラマ モラタメ 結婚記念 奈良 帝王切開 ギフト 母の日 日本映画 インフルエンザ 朝ごはん 冬至 ぷちぐりのお友達 芸能ネタ ムーブ ぐりーんのお友達 アフィリエイト 嘔吐 にゃんこの車 赤ちゃん セシール 公園 レシピ本 小学校 ベルメゾン 散歩 映画 福祉 音楽 食育 CM 二人目が欲しい 大掃除 図書館 阪神淡路大震災 年越し  ロタウィルス 下痢 出産 入院準備 防災  幸せ本 雑貨 夢をかなえる しつけ バレンタイン ニッセン きょうだい スマホ 姫野カオルコ 神社 温泉 デジカメ 幼児教室 綾瀬はるか 伊勢 劇団四季 産科ニュース 七夕 発熱 おせち 入学準備 LSレビューアフィリ 通園グッズ 遊園地 年中行事 アイリスプラザ 写真 ビタミン たっち お弁当 コスメ お盆 内祝 トイザラス 歳時記 祭り にゃんこの独身時代の話 薬膳マイスター 戦争 ママの就職活動 病院の仕事 ベルメゾンネット 内祝い がくぶん 突発性発疹 複合機 家具 引越し 子ども服 ぜんそく ぐりーんの職場 お月見 ノート術 おさかなちゃん テレビ LSチャンネル 教育 ミシン 試験 地震  はいはい 東野圭吾 プラセンタ お産の兆候 松山ケンイチ 節電 お手伝い 政治家 公文 参観 栄養 いきものがかり カラオケ 生活リズム 公団 簿記 入学 迷信ネタ 産院 まつり ひなまつり 悪露 小栗旬 結婚 ビジネス書籍 サワガニ 潮干狩り 赤ちゃんグッズ 記念日 こどもちゃれんじ お名前シール 有馬記念 菖蒲湯 医療ドラマ つわり 陣内智則 flumpool 勝谷誠彦 人見知り メジャー GW ランキング 野球 韓国語 基礎体温 チャングム 洗濯機 ドラマ 遠足 迷子 食あたり 朝顔 エイプリルフール 母乳 戦争ドラマ 健康に関する本 紅葉 Eテレ BBクリーム 映画館 三浦春馬 トミカ博 おでかけ 買い物 花火大会 運動会 耳鼻科 胎教 ホワイトデー 気管支炎 ブログ MT こいのぼり タヒチ 成宮寛貴 正月準備  キッチングッズ 母親教室 お出かけ 名づけ ダウンジャケット ソフロロジー 博物館 もちつき 安全対策 テーマパーク レミオロメン サイト運営 楽天 だだこね PC おうちカフェ ゆず湯 コンテスト LSレビューアフィリ 内科 伝い歩き 戦争映画 IKEA からだにいい本 年金 新居 乳腺炎 サイト 七草 防寒 お風呂 ティーライフ リンクシェアチャンネル クラシック マッサージ 水槽 NMB48 保健センター 大河ドラマ 東急ハンズ 児童書 夏祭り 香り 家事グッズ 映画化 お葬式 モニター 競馬場 NHK 検診 迷信 ミキハウス ルクエ つかまり立ち チョッパー キャラクター こむらがえり ガンダム お酒 保存食 お通夜 名刺 ホットケーキミックス ZARD 写真撮影 食欲の権化 グッズ 森下仁丹 法事 新書 実用書 救急 アニメ映画 ポイントサイト mixi BentoBOX TSUDOI DVDレコーダー 録画 SONY UR賃貸 キッチン 美容院 天気予報 イチゴ 紅白 ひらがな 給付金 サンキュ! 若松美穂 裁判 ニュース 葉酸 扁桃腺炎 カフェ サプリ コスプレ 寝返り発達 ワーキングマザー バーベキュー ハードディスク ノートPC サンキュ 御殿場 アデノウィルス ベランダ園芸 葬儀 相談 通勤 おお振り 音楽番組 防犯 便秘 仏教行事 入園 子育て支援制度 介護 仮面ライダー 自転車 柚子湯 名前つけ 故障 地デジ アンパンマン にゃんこの子ども時代の話 準備品 掃除 菅原道真 ぷちぐりの友達 鶴橋 あせも 桃の節句 水族館 鳥羽 焼肉  バイキング ヘアケア ハロウィン 闘病記 上杉隆 洗濯 たんぽぽコーヒー 夜泣き 心理系の本 習い事 学習 ミネラル 受験 日商簿記 フォトブック おかげ横丁 サイト紹介 生理不順  水遊び  iPod スキンケア プレゼント 日本橋 クイズ 祖父母 しまじろう パーティー はなかっぱ 皆既日食 国民休暇村 銀魂 結婚記念日 ノンフィクション 乗り物 おばあちゃんの知恵袋 花火 祝い バラエティ キャリーバッグ ベルーナ 夢展望 医療の制度