スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

息子より私がハマった仮面ライダーW

 2010-04-11
日曜の朝と言えば、小さいお子さんのいる家ではたいていテレビ朝日を見ているというご家庭が多いのではないでしょうか。

我が家では以前は「がっちりマンデー」でしたが今はやっぱり「ゴセイジャー」→「仮面ライダーW」です。
(さすがにウチは男の子ばかりなので「プリキュア」までは見ていないですが・・・)

どちらかというとぷちぐりは「ゴセイジャー」の前に放映されていた「シンケンジャー」派だったので、TVをつけてその流れで「仮面ライダーW」を見ていたら・・・

私がハマってしまいました♪

ストーリーはいかにも子ども向きで分かり安すぎる部分はありながらも、見ていたら見ていたなりに続きが気になってしまうし、なによりフィリップくん役の菅田将暉くんが素敵で♪ほとんど彼を見るのが楽しみで毎週見ているようなもんです(笑)
おかげで朝8時から8時半は朝食準備が滞り・・・^^;


また、ぷちぐりは最初興味がなかったようでしたが、「仮面ライダーW」にAKB48の河西智美ちゃんが出ているのを知ってからちょっとずつ見るようになってきました。
ちなみになぜ、河西智美ちゃんか?・・・というのは、
彼女は「天体戦士サンレッド」に天井さんの役で出演しています。私がAKB48が出るたびぷちぐりに「天井さんがいるよ~」と言っているうち、天井さんの出演する番組もチェックするようになってしまいました。
(ついでに言うと、「ゴセイジャー」には「天体戦士サンレッド」にヴァンプ将軍役で出演している髭男爵の山田ルイ14世が怪人役で出演していました。それ以来、ぷちぐりも「ゴセイジャー」を気にかけるようになりましたが、放映時間に起きていない・・・)


とはいえ、ほんの最近観だしたばかりなので、根幹の設定もストーリーもまだよく分かってなくて番組を見ていても「???」な部分も多いのですが、膨大な文章のWikipediaを読みつつ、ついていこうかなと思っています。

が・・・・

ついていける頃に放映が終了したら悲しいなぁ・・・。



■関連情報■
>>「仮面ライダーW」公式サイト
>>wikipediaの仮面ライダーW
>>菅田将暉365日限定オフィシャルブログ





スポンサーサイト

年度始めの楽しみ

 2010-04-07
新年度と言えば・・・もうすぐ年をとる・・・・だけではなく(爆)

番組改編の時期なので、ドラマをはじめアニメなども改編がある時期!

この春は私が好きな番組たちも大きく変化がありました。

ドラマは前シリーズで好きだった「チーム・バチスタ」の2や「臨場」があるし、楽しみなのは日曜9時の「新参者」。
原作・東野圭吾のドラマや映画はいままでほとんどハズレなし。また、スタッフも「JIN」の方々とかぶっているし、これは期待大です♪
そのほか楽しみなドラマ・・・といえば上戸彩のドラマが火9にあるのと、毎回チェックの水10、金10では待ってました成宮くん初主演ドラマ「ヤンキー君とメガネちゃん」というところかな。

そしてうれしいのは・・・
アニメ「おおきく振りかぶって」のセカンドシーズン開始&「メジャー」第6シリーズ開始♪
>>詳細「最近お気に入りマンガ~「おおきく振りかぶって」
>>詳細「一家揃ってメジャーにハマる

楽しみが増えました♪


そしてうれしいというよりありがたいのがNHK教育テレビの放送時間の変更。
来週の月曜日から、ぷちぐりは幼稚園に通い始めます。
一応、ぷちぐりと約束したスケジュールは
「8時25分に家を出る」

これまでだったら「いないいないばあ」の途中で家を出ないといけないことになるなぁと思っていたら・・・
この春の改編で、8時から8時25分までが「おかあさんといっしょ」、8時25分から40分まで「いないいないばあ」に変わりました。
おかげで、「おかあさんといっしょ」の終了を合図に家を出ることが出来ます(なんのこっちゃ^^;)。

「にほんごであそぼ」の放送時間が早くなっちゃって「おは朝」と重なってしまい、見れなくなったのが残念でしたが・・・。


いよいよあさってが入園式なのです。ドキドキしてきました。
そのうちこのブログでもぷちぐりの幼稚園ネタが増えるかも・・・です。
新年度に入って何日もたった今、書くのもナンですが、これからもよろしくお願いします(^^)

歴代お気に入りドラマ12選

 2010-02-13
このブログではだいたい毎クールごとに注目ドラマについて何かひとこと感想を書いてきましたが・・・この冬のドラマは不作すぎて書く気がしない。。。

正直、今クールで楽しみにしているドラマといえば「ブラッディ・マンディ」と「不毛地帯」ぐらい。「ブラッディ・マンディ」は今回パート2だし、「不毛地帯」は秋から放映されているドラマ。

はっきりいって、楽しみがない。。。

ある意味、毎週毎週楽しみにしているドラマは「ルビコンの決断」だったりして(注:これはドラマというより、再現ドラマ・笑)


ま、おかげでたまっている録画を処理する時間が増えましたけど(笑)


ここで、にゃんこの趣味企画です。
これまでに放送されていたドラマでお気に入りのドラマを12本、選んでみました(^^)

■お気に入りドラマベスト3
1)白い巨塔(2003年10月~2004年3月/フジ系)
はっきりいって医療ドラマの最高傑作だと思います。
ただ、医療的視点よりは、教授選の泥沼や、医療裁判の行方のほうが気になり、おもしろかったですけど(^^)

2)仁-JIN-(2009年10月~12月/TBS系)
昨年末、続きが楽しみで楽しみで見ていたドラマ。サントラもステキでした。
脳外科医師が幕末にタイムスリップするという奇想天外なドラマながらも毎回泣かされました。
坂本龍馬役の内野聖陽さんがハマリ役♪

3)ライアーゲーム(2007年4月~6月/フジ系)
私は普段、ブログを書いたりネットしながらドラマを見るのですが、ついPCの手が止まってしまうドラマでした。

■その他7本
4)Dr.コトー診療所(2003年7月~9月/2006年10月~12月/フジ系)
実は医療ドラマの最高傑作はこちらだそうです。原作も好きなんですが、ドラマは原作とは違った雰囲気。でも両方好き。ロケ地の与那国島に一度行ってみたい。

5)のだめカンタービレ(2006年10月~12月/フジ系)
毎週毎週笑わせていただいたドラマ。なぜかこのドラマを見ているとおにぎりが食べたくなります。このドラマをきっかけにクラシックを聴いてみようと思いました。

6)白夜行(2006年1月~3月/TBS系)
東野圭吾さんの小説を読んでみようと思ったきっかけのドラマ。武田鉄矢さん演じる笹垣刑事がなんだかサイコチックで好きでした。(ちなみに夫は今でも時々笹垣の真似をする)
原作では血も涙もないような主人公たちですが、ドラマでの主人公たちはおろかで哀れで、みていて切なかった。

7)カバチタレ!(2001年1月~3月/フジ系)
今「特上カバチ!」が放映されているけれど私はこちらのドラマのほうが好きです。改めてみれば、ブレイク前の山Pや水川あさみ、山田優、香里奈が出演しているので出演者はすごい面々です。

8)官僚たちの夏(2009年7月~9月/TBS系)
高度成長期の旧通産省の話。このころはみんな元気だったのね~と思いながら見ていました。
また、このドラマで佐藤浩市さんが食べているおでんとか湯豆腐などがおいしそうに見える見える。
我が家の夕食はこのドラマで左右されたことも。

9)1リットルの涙(2005年10月~12月/フジ系)
毎週毎週泣いてました。このころの沢尻エリカかわいすぎ。
病床で「私、結婚できる?それよりも私、きれいな花に囲まれて眠りたい」って両親につぶやいたシーンで号泣でした。

10)アイシテル~海容~ (2009年4月~6月/日テレ系)
「もし、自分の子が殺されたら」「もし、自分の子が誰かを殺してしまったら」と考えながら重苦しい気持ちで見ていたドラマでしたが、双方の親の思いを疑似体験したことで意義のあるドラマと思いました。


■ベスト10には入れづらかったですがやっぱりお気に入り
Stand Up!(2003年7月~9月/TBS系)
わはは。二宮くんのドラマということでかなりヒイキしちゃいました(^^)エロい顔した二宮くんがサイコーにおもしろくって・・・。
またこのドラマ、今観れば共演者に山P、小栗旬、成宮寛貴とそうそうたるメンバーです。

■お気に入り外国モノドラマ
宮廷女官チャングムの誓い
過去このブログで何度もとりあげたドラマ。そういえばぷちぐりがお腹にいるとき「チャングムが終わるまで陣痛待ってくれ」って話しかけてました(結果、放送中から鈍い痛み~終了後に陣痛みたいな痛みが出て、その晩入院しました→結果、お産にはならず、ひと晩で退院しましたが)


こうやって見ると、フジテレビとTBSのドラマばっかりだなぁ。
日本テレビのドラマも特に水10時のドラマなんて結構好きなんですけど、あえてしぼるとなるとちょっと弱かったか。



■■追記(2013・5/15)■■

2013年版を作りました。この時と随分変わりましたよ。
>>【趣味企画】歴代のお気に入りドラマ12選




秋ドラマチェック1~JIN-仁-、マイガール、乙男、リアル・クローズ、ギネ~

 2009-10-14
ぼちぼち秋ドラマが始まりました。

ココ最近のクールではなんとなく書きそびれていましたが、今回久しぶりに気になるドラマをチェックします~。

まだほんの数本始まったばかりですが、すでに5本・・・^^;
録画したままの映画やSPドラマ、まだ残ってるのに・・・どうしよう。

【1】「JIN-仁-」(TBS系日曜21時~)
今回タイトルに入れた5本のうち、一番次が楽しみなのはコレです。
脳外科医が幕末にタイムスリップするという話。>>公式サイト

医療、タイムスリップと、私にとってそそられるネタなのがうれしい上、どうやらスタッフは「白夜行」のスタッフらしい。きっとおもしろいはず。出演者陣もかなり豪華です。大沢たかおさん&中谷美紀さんだったら映画でもフツーにありそうなキャスティングだし。
坂本龍馬役の内野聖陽さん、ハマリ役です。前から好きな俳優さんでしたが、シビレる♪

【2】「マイガール」(テレビ朝日系金曜23:15~ABCだけ24:25~ナイトスクープの後)
祝・相葉くん初主演♪
「相葉くんってこんなにステキだったっけ?」とつい、目がハートになりました。
事故で亡くなった恋人の子どもである女の子を引き取って共同生活を始めるという話。
>>公式サイト
深夜ドラマって泥臭い感じのイメージがありましたが、さわやかでキレイな雰囲気のドラマです。
公式サイトで流れる音楽がまんまあらわしてると思います。
子役の女の子もメチャかわいい。

第一話で平岩紙さん親子が着ていた親子ペアのレインコート&カサがめちゃかわいかったです♪


【3】乙男・秋(フジテレビ系火曜21時~)
見るつもりはなかったのですがつい見てしまった。どうせ11月からはこの枠は「ライアー・ゲーム」になるのでリズム作りも兼ねて見るとしよう・・・と思っていたら面白かった!!
>>公式サイト
フジの火曜21時枠は学園ものの少女マンガが原作のものが多いですね。
気負わず見れるのがいいです。
ドラマで作っていたハンバーグカレー、めっちゃおいしそうだったので今度見よう見まねでやってみよう♪

【4】リアル・クローズ(関西テレビ系(フジ)22時~)
ネットの知人達と前評判でやたら盛り上がったドラマです。
ドラマで女優さんたちが着ていた服が公式サイトのショッピングページで購入できるのです。
さっそく見ようと思ってドラマ終了前までゆっくりサイトを見れていたのに、放送終了後急にサーバーがダウンしてしまったぐらいけっこう反響はあったようですね。>>公式サイト

ライダース・ジャケットは今年の流行ぽいですね。
そういえば朝の情報番組で言ってましたが、ライダースジャケットに甘めのフリルワンピという組みあわせが今風なんですね。甘めテイストと渋いテイストの組み合わせって前から好きだったんで、挑戦してみたいなーと思いつつ、年齢が・・・^^;

ストーリーも一見、きらびやかな世界の話にみえそうで、実はけっこうハードなお仕事の話っぽいのでおもしろそうです。

【5】ギネ(日本テレビ系水曜22時~)
産婦人科を舞台とした医療ドラマです。>>公式サイト
紀香さんが女版・「救命病棟24時」の進藤先生みたいになってる~~~~。
私は、出産前までは産科と小児科関係の医療相談の仕事をしていたのですが、当時にあったケースを思い出させられそうなネタも少なくなかったです。障害のある子どもの出産に踏み切ったお母さんと障害のある子どもを受け入れられないお父さんのケースなんてザラにありました。
産婦人科医療の現状がよくわかるドラマになりそうです。


とりあえず今日までのドラマで続けてみたいのはこれら。
あと要チェックのつもりなのは
「不毛地帯」
「サムライ・ハイスクール」
「傍聴マニア09」
11月から「ライアーゲーム~シーズン2~」です。楽しみ♪


「流星の絆」ハヤシライス♪

 2008-11-17
IMG_1807.jpg

ドラマ放映中の「流星の絆」にでてくる洋食屋「アリアケ」の特製ハヤシライスのルゥです。
ドラマが始まってからずっと、近くのスーパーで探していたのですが、一度目は搬入当日でまだ店頭に並んでなくて(待ってもよかったんですが急いでいたんでこの日はあきらめました)、二度目に行ったら売り切れで、三度目の正直でやっと入手できました。ドラマも人気だけど、この商品も人気なんですね~~。

そしてさっそく今日、冷凍ご飯がたくさん余っていたのでこれ、食べてみました。

IMG_1812.jpg

カレーの場合、お鍋で煮込んで作るルゥとレトルトのカレーだとどうしても、お鍋のカレーのほうが格上で(変な表現だけど)おいしいと思ってしまいがちで、私はめったにレトルトカレーは食べないですが・・・。

このハヤシライス、普段家で作るお鍋のハヤシライスより・・・おいしい♪

・・・って、ベタな感想ですが。

冷凍してあったご飯を解凍して食べたのに、残りご飯を食べていることを忘れてしまいそうです。
半分まで食べすすんだ時、つい冷凍庫から追加の冷凍ご飯をだしてレンジで解凍を始めてしまいました。

はぁぁぁぁ。

おいしゅうございました

また買おうかな、と思いつつもひと箱278円・・・多少ためらってしまうかも。

独断と偏見のドラマ分析

 2008-10-23
秋ドラマがぼちぼち始まりましたね。
私は今回一番楽しみなのは「ブラッディ・マンディ」です。三浦春馬くんかっこいいし♪今後の展開もどうなるかハラハラするし。土曜日8時の放送というのがなかなか見にくいのですが(夫が「メチャイケ」見るとか言うし。。。ぶつぶつ)録画して日曜の朝見ます♪

ドラマが始まるまでは「流星の絆」が楽しみだったんですが、1回目放送を見て「・・・なんだかなぁ」と思って。。。なんだかシリアスな話のはずが脚本はコメディくさいのがミスマッチで少々見苦しいような。

さて。

これまでいろいろドラマを観ていて少々気づいたことがあるのでちょっと書いてみます。
(批判はカンベンしてください)

1)日テレはドラマに対して非常にシビアで、視聴率が悪ければ多少話に無理があっても打ち切る(ような気がする)。視聴率がそこそこ取れたドラマに出ていた出演者は何度も使うが、コケたドラマに出ていた人はほぼ二度と使わない。
 例)1.「女王の教室」志田未来→「十四歳の母」→「正義の味方」今後どうなるやろ・・・。
   2.「女王の教室」天海祐希→「演歌の女王」でコケてから日テレでは見ないような・・・。
   3.「ごくせん2」赤西仁→「anego」→「有閑倶楽部」
   4.「CAとお呼びっ」観月ありさ→「斉藤さん」→「OLにっぽん」(当たるかな?私はこのドラマ、好きですが・・・。ちなみにこの人、フジの主演ドラマもほとんど当たってるのよね「ナースのお仕事」「鬼嫁日記」実は視聴率の取れる主演女優ってこの人じゃないかと思います)
 
まぁ、視聴率追求していくとどうしてもそうなるんだろうなと思いますが、ちょっとさみしいような。

2)フジテレビのドラマは、脇役とゲスト出演者が過去どのドラマに出ていたかによって、何のドラマのスタッフがいるか見当がつきやすく、そのドラマが面白いかどうかや、自分好みのドラマかどうかを探る指標になる。
 例)1.「チーム・バチスタの栄光」にゲスト出演で朝加真由美さんがでていましたが、ひょっとして「Dr.コトー診療所」のスタッフいる??と思ってました。先日見た第二話で、アフリカの少年兵の患者に主人公が勧めていた漫画の中に「Dr.コトー診療所」が・・・。
   2.イノセント・ラヴ」に福士誠治くんと宮崎美子さんが出演。「のだめカンタービレ」に」出演していました。そういえばこのドラマの脚本は「ラスト・フレンズ」の浅野妙子氏、主題歌は宇多田ヒカル(これも「ラスフレ」と一緒)、しかも「ラスフレ」には上野樹里・瑛太・水川あさみと、のだめメンバーが3人も。この3つのドラマはたぶん同じスタッフかな?と思いました。ゆえに私はこのドラマ、チェックだな(^^)
   3.「絶対彼氏」の相武紗季&真矢みきのお二人、「アテンションプリーズ」にもでていたな。

3)テレ朝の木9or金9のどちらかは研音・オスカープロ・石原プロで持ちまわり主演をすることになっている。
ってこれ、某週刊誌で読んだんですけど(笑)「ホンマか」と思ってWikipediaで出演者チェックしたらホントにそうでした(!)ちなみにこの頃は「女帝」が放映されていた頃です。
どうりでテレ朝のドラマは米倉涼子や上戸彩がやたらと主演するわけだね。
ただ、もうひとつの枠はあんまり関係ないみたいですね。

4)TBSかお金をかけたキャスティングするほどコケる。若手を起用したドラマほど当たる(???)
なんとなく私の実感ですけど。お金かけたキャスティングで視聴率取れたっていうのは「華麗なる一族」ぐらいじゃないかなぁと思います。しかしこれもTBS的には失敗ぽかったらしいし。
若手のドラマのほうが当たるというのは「ドラゴン桜」「花より男子」「ROOKIES」で立証済み、って感じでしょうか。(余談ですがドラゴン桜のキャストって今思えばそうそうたるメンバーですね。山Pに長澤まさみ、新垣結衣、サエコ←今やダルビー夫人、小池鉄平に中尾明慶←ROOKIESメンバーやし)
ただ、その法則で行くと、「SCANDAL」はコケるのではないかと思うのですが、脚本が「GOOD LUCK」や「白い巨塔」などの井上由美子さんだからちょっと予測不可能かな。。。
TBSはあんまり無理しないほうがいいんじゃないかなぁ。。。。と余計な心配をしてみたりもします。。。



「流星の絆」読みました

 2008-10-07



さて、今回はもうすぐドラマ放映される作品です。
主演・二宮和也、原作・東野圭吾、ときたらもうワクワクしてドラマを観るのが待ちきれなくて原作を買っちゃいました。普段なら文庫化を待つほうなので、私にしては珍しいことをしました。


洋食レストランを経営する両親を殺された功一、泰輔、静奈の3兄妹。
十四年後、泰輔が事件当日目撃した男に復讐計画を仕掛けるのですが、静奈が男の息子に恋してしまう・・・という話。


私はコレを通勤途中や病院の待ち時間に(実は妊娠中です)読んでいたのですが、やめられなくなり、家事の合間や子どもを寝かしつけてから就寝時間までのわずかな時間を見つけては読みすすめましたが。。。途中で読むのを中断するのになんと勇気のいることか。そして最後のどんでん返しでは先を知ろう、知ろうとして焦って読むペースと、「え?え?なんでーーー?」と思いつつ気持ちを整理しようとする心の動きがかみあわなくなって、少しワケがわからなくなりました。


でも、エンディングまでには落ち着き、ああよかった♪と思えました。
やっぱり東野作品は期待を裏切りません。


ひとつ気になるのは・・・ラストの行く末が東野さんにしてはちょっと安易に流されちゃった?と思ってしまうようなラストだったこと。これはこれでいいのかもしれないけれど・・・いっぱい問題あるやん!いいのこれで??って思ってしまいました。


ごめんなさい。こんな文章ではなんのことかわかんないですよね^^;
ミステリー小説はあまり詳細を述べると面白みが半減してしまうのでこの程度でお許しください。


詳細は作品そのものを読んでいただくのが一番ですが・・・10月17日(金)10:00スタートのドラマを観ていただくのでもいいかも。ただ・・・本当に原作どおりに進むのかどうかわかりませんが。


二宮くんと戸田恵理香さんは原作のイメージにもぴったりで、なんて素敵なキャスティング♪と思いました。錦戸くんは・・・彼の演じる泰輔のキャラ自体が薄いのでイメージに合うかどうか判断しにくいことと、「ラスト・フレンズ」の宗佑のイメージが今だに抜けないことから・・・うーん。。。よくわかりません。





「流星の絆」公式サイトはここから

「おせん」を参考に~電子レンジでカツどん

 2008-04-24
こないだから始まった火10のドラマ「おせん」で
主人公のおせん(蒼井優ちゃん)と料理対決で対戦した桜木三千子(片桐はいりさん)のスピードクッキングレシピが気になっていたので、私もやってみました。

電子レンジで作るカツどん。(公式サイトのレシピはこちら

例のごとく、写真は撮り忘れました^^;

丼茶碗にごはんを入れてラップをし、スライス玉ねぎ、カットしたトンカツ、めんつゆ大さじ3(私はめんつゆだけを使うのがイマイチ気に入らないのでめんつゆは大さじ2にし、あとの1はしょうゆ大さじ1/3、みりん大さじ2/3にしました)、溶き卵を順に載せてラップ、電子レンジで4分(冷ご飯なら5分だそうです)

正直、不安でした。
めんつゆのほとんどはカツにしみてしまったし、その上から溶き卵を載せてもつゆと交じり合ってくれないとおいしくないんじゃ・・・とも思ったし。

でも、出来上がってみたらけっこうイケました。
ただ、つゆが濃いような気がしたのと、私はどっちかというとつゆだくが好きなので、ごはんをおわんに入れた時点でも、うすめためんつゆを大さじ1~2程度入れておくとおいしかったかもしれません。


まだまだ改良の余地がありそうです。またやってみよっと♪

しかし・・・これけっこう胃もたれする・・・。
ドラマでは「アフター・ホーム・パーティー」のメニューなんて言っていたけどこんなんしこたま酒飲んだ後に食べたくはないなぁ。。。蒼井優ちゃんの海老天茶漬けのほうが食べたい。
このカツどんは子どもの土曜日のお昼ごはんとか、主婦が日中一人の時に作るお昼ごはん向きですね。


■■追記(2008.4.26)■■
めんつゆはつゆ:水=1:2ぐらいで薄めて、ご飯に大さじ1、カツに大さじ1、溶き卵に大さじ1という割合で入れてみたらどうかな?次回はこんな感じで試してみます。



電子レンジレシピといえばやっぱりこの人。村上祥子さん。

簡単!電子レンジレシピ100―いれて・チンして・できあがり
簡単!電子レンジレシピ100―いれて・チンして・できあがり村上 祥子

おすすめ平均
stars便利です
starsお世話になっています。
stars最後はつきっきりがベスト
starsアイデアの数々に感動しました
stars電子レンジ料理本としては、良い本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




この秋のドラマ

 2007-10-16
一年のサイクルの中で最も楽しみな秋のドラマ。

新ドラマが始まって一週間がたちました。

ちなみに今このブログは「有閑倶楽部」を観ながら打ってます。
「有閑倶楽部」といえば私が小学生の頃、「りぼん」で連載が開始され、おさななじみに1巻から5巻ぐらいまでを借りて読んだ覚えがあります。
でもこの漫画って、悠理が主役じゃなかったっけ?という疑問はおいといて、このドラマはドラマでなかなかおもしろい。
悠理役の子と清四郎役の横山くんが原作のイメージに近いっぽいですね。
このドラマはたぶん次週も観ます。
ちなみに私のパート先にはKAT-TUNファンの方が多いので、観ておくと水曜日の勤務の時には話が弾みそうです(笑)

このほかは。。。

水10「働きマン」
1回目観ました。この時間帯のドラマって「お仕事モノ」が多く、けっこう好きな枠なんですが。。。ごめんなさい、今回はパス。「男モード、発進」のポーズや突然さわやかそうな風が起こったりするシーンがなんとなく受け付けられなくて・・・。

木9「3年B組金八先生」
これもついに第8シリーズなんですね。教育問題には関心があるので観ます♪

木10「医龍」
前作からの大ファンです。もちろんチェック♪
今回は投資会社がからんでいて話が複雑かもしれませんが、今の医療情勢も反映されていておもしろそうです。

金10「歌姫」
昭和の雰囲気がいいなと思って観ていますが、ちょっと観続けるのがつらくなるかも・・・。たぶん3回目ぐらいまでチェックして、おもしろくなければパスするかも。
ちなみに相武紗季は元気キャラがぴったりですね。

月9「ガリレオ」
めっちゃ楽しみにしていました!!だって原作東野圭吾さんですもん。
この人の原作ドラマや映画はほとんどハズレなしだし。(例:白夜行、時生など)第一話も見ましたが画面に釘付けでした。福山雅治は変人役でもカッコいいですね♪

こんな感じかな。
観たいドラマとそうでないドラマがはっきりしたクールでした。

ライアーゲーム最終回・・・!!

 2007-06-24
今クール最も楽しみだったドラマ「ライアーゲーム」がついに最終回。

今日は早くからキッチンを片付け、シャワーで身を清めて9時にはテレビの前にスタンバイしていたという念の入れようでした。だって今回は3時間スペシャル。早いうちに用事を済まさないと何にもできないもんね。

今回のスペシャルはこれまでのダイジェストも含むそうなので、このドラマを見ていない夫にもすすめたくて一緒に見ていました。

が・・・

ダイジェストがあまりにもはしょりすぎでちょっとがっかり。
「え?このネタはしょっていいの?」と思うようなところがちらほら。
(タカダミチコから小切手一億奪ったXの存在のこととか・・・)

夫は1時間程度観たあと、「話がよ~わからん」と言って早々に寝てしまいました。

でもこの3時間、たつのが早かった~~~。
密輸ゲームの行く末はどうなるん?とかエリーって何者?とか
気になっていたところはすべて解決してくれたので、観終わったあとはすっきり。

福永のどんでん返しの後の大どんでん返しには胸がすく思いでした。


ああ。。。これから土曜の夜の楽しみがなくなるなぁ・・・
あ、「受験の神様」はちょっと見たい。




LIAR GAME 1 (ヤングジャンプ・コミックス)

甲斐谷 忍 集英社 2005-09-16
売り上げランキング :
by ヨメレバ




意外に泣けるドラマだった

 2007-05-15
ちょうど今、「セクシーボイスアンドロボ」を観ています。

今日のテーマは「家族」

もともと昔から、家族に関する切ない話を聞くとすぐ泣くほうなのですが今回、特に涙。

殺し屋の女と殺しのターゲットだった男とたまたま捨てられていた赤ん坊・・・偶然出会った者どうしがいつの間にか家族に。でもターゲットにされていた男はおそらく自分はいつか姿を消さなければならなくなることを思ってか、子どもに「自分は宇宙人」と教えていました。結局、別れの時がやってきて、男は子どもに「宇宙に帰らなければならなくなった」と別れを告げます。

ニコとロボは男へのメッセージとして人文字を作ることを提案し、ロボは某韓流スターファンの母の人脈で200人集めてくれ、みんなで人文字を作ります「サヨナラ」高層ホテルの一室からそれを眺める男。

ここで思わず号泣。

また、ロボと母の会話もけっこう感動でした。
最初は「ロボットばっかいじってて」と息子をたしなめていたお母さんが、
「死ななきゃいいよ。死ぬまでロボットいじってな」と言ったセリフが素敵でした。

このドラマ、視聴率的にはあまり奮わないようですが(裏番組が「鬼嫁日記」ではちょっと勝ちにくいわな)私はこのドラマ、けっこう好きです。ホロリとくる話でありながら、ベタベタの浪花節っぽくないのがまたいい。

今期のドラマで気に入っているのは
「ライアーゲーム」
「バンビ~ノ」
「砂時計」
「わたしたちの教科書」
「生徒諸君!」
そしてこの「セクシーボイスアンドロボ」あたりかな。

実はこのほかに「プロポーズ大作戦」と「特急田中3号」を観てましたがやめちゃいました。でも次回の「特急~」は友情を感じそうな話なので観たいような気も。。。

白夜行

 2006-11-18


「文庫本なのに1050円なんて、高い!!」と思いつつも、どうしても読んでみたくて購入。
(ベネッセウィメンズパークさん、いつも図書券ありがとう!)

滅多にミステリーものなど読まない私が「どうしても読んでみたい」と思った理由は、ご存じドラマの「白夜行」がきっかけです。

ドラマでは山田孝之・綾瀬はるかが演じたひと組の男女、桐原亮司と唐沢雪穂をメインとした切ないサスペンスに仕上がっていたため、それを期待したら原作は全く違った冷たい話。というか、原作だけを読んだらこの二人はとんだ極悪人にしか見えないような話でした。

原作では彼ら二人が何を思い、何のために罪を重ねたのかには全くふれられておらず、彼らの周囲の人たちから見たふたりがいろんな人たちの視点で描かれているのみでした。

考えようによったらこのような作品を
「極悪人(爆)二人にも何らかの事情があった」として、ふたりの切ないラブストーリーとして脚色、作り上げたドラマのスタッフに拍手を送りたくなりました。

...あれ?作品そのものの話にならなかったな。

原作付きのドラマはおもしろくない、という定説がありますが(逆に原作よりドラマや映画が良かったというものもたまにありますが)、これは例外。

原作とドラマ、両方おさえておきたい作品だと思います。

ドラマが満足だった人は必読の一冊です。




楽しみな秋のドラマ~まとめて~

 2006-10-16
こないだから見た秋ドラマたちについて一挙書き込み。

「Dr.コトー診療所2006」フジテレビ木曜22時~
これは、春頃からずーーーーーーーーっと楽しみにしてました。
前のシリーズは夫から勧められて観たのですが、ほとんど毎回号泣の嵐。あきおじの手紙や、重さんの娘が出て行ってしまうシーン、剛洋たちが東京までコトーを迎えに行った時の親父のせりふ、和田さんのアルバム。。。。。っとこれは前シリーズの話だ。

このドラマは2度ほどスペシャルを放映していましたが、今回もそれらを踏襲し、時の流れを感じさせる設定だったのがすごくうれしい。(剛洋の声変わりにショックを受けていた人たちが一部いたようですが・・・mixi「Dr.コトー診療所」コミュより)しかもサントラも前回と一緒。主題歌も同じく「銀の竜の背に乗って」。エンディングの和田さんの写真が出てくるのも一緒。前作からのファンにとってこれほどうれしいことはない。

今作からレギュラー入りした蒼井優ちゃんもカワイイし、今回の第一回もつかみはばっちり。もちろん毎週見るつもり。

ひとつ残念なのは、前作でいい味を出してくれていた内さんがいないこと。千石規子さんも高齢で、離島の撮影には耐えられなかったのかもしれないですが・・・残念。


「セーラー服と機関銃」TBS金曜22時~
長澤ちゃん意外と似合いますね。当時の薬師丸ひろ子ってミステリアスな雰囲気があるから長澤ちゃんではどうなんだろう?って思ってましたが、心配する必要はなかったみたい。ただ・・・あの歌だけはちょっと・・・。
前半はぷちぐりがこけて流血騒ぎだったので話が少しわからなかったのですが、来週も一応チェックしたい。


「たったひとつの恋」日本テレビ土曜21時~
亀ちゃんはやっぱりかっこいい♪
綾瀬はるかもお嬢様役やハロウィンの魔女の仮装、似合ってる。この人、着飾れば着飾るほど美しく見えますね。逆に貧乏な役は合わないかも知れませんが。
ストーリーはちょっと「太陽の季節」を思い出させそうな感じ。ちょっと今風の話っぽくはなさそう。でも、BGMのもの悲しげな雰囲気と亀ちゃん目当てでたぶん来週も見る(笑)


「鉄板少女アカネ!」TBS日曜21時~
最初は面白そうかな?と思ったけれど。。。う~む。
原作がマンガだからしょうがないけど、ばかばかしさ満開なドラマ。
開き直りも見れるんで、そういうのが好きな人は好きかも。私はパスです。
でも、お好み焼きはおいしそうだったし、今度お好み焼きの生地にすりおろしりんご入れてみようっと♪


「のだめカンタービレ」フジテレビ月曜21時~
録画しちゃいました。明日以降に見ます。
(「チャングム」も録画分があるんだよなぁ・・・早く見なきゃ)

楽しみな秋のドラマ~「14歳の母」

 2006-10-12
今週はぼちぼち新ドラマが始まる週ですね。
昨日の水曜日は「14歳の母」を観ていました。
水10というのがやや気になるものの、脚本が「白い巨塔」の井上由美子氏。
なかなかおもしろい展開を見せてくれそうと期待して。

ま、1回目は単なる顔見せ&前奏なのでこんなもんかなーと思いながら観てました。
主演の志田未来ちゃんはなかなかの演技力だとの評価があるようですが、
昨日のドラマで、皆の言わんとしていることがわかった。
この子、「目」がいい。
目の表情が。微妙な心情の変化をよく見せてくれている。
相手役の三浦春馬くんも男前やし。ムフ。

お話そのものは、けっこう展開がベタ。
さすが「ベタドラマ」を放映している局(笑)
でも、ベタなドラマほど、観てしまうもんかも知れない。
これから観ようと思うドラマです。

今後の予定。
観ようと思うドラマ
木「Dr.コトー診療所2006」
金「セーラー服と機関銃」
土「たったひとつの恋」
日「鉄板少女アカネ!」
月「のだめカンタービレ」

うわっ、忙し^^;

今はまっているドラマ

 2006-05-26
今回のクールで楽しみにしているドラマは
「医龍」と「弁護士のくず」
どっちも木曜10時からというのが悩ましい!
しかもこの時間帯は、NHKのBSで韓国ドラマが放映される時間でもあるのでつらいところ。結局韓国ドラマ「クッキ」は諦めて(「チャングム」の地上波放映が終わればその後放映されることもあるだろうし)リアルタイムは「くず」、録画で「医龍」を観ています。

「くず」は細かい演出がおもしろいので、今週はなんだろう?とつい楽しみに。夫もこのドラマがお気に入りで、二人で
「あの着ぐるみワンちゃん、今度はどこで出るのかな~?」とか
「あのコスプレキャバレー、今週は何のコスプレかな?」なんて言い合ってます。昨日は上司の弁護士先生のいわゆえるメイワクみやげの置物を形見としてみんなにプレゼントするシーンと
高島礼子40本のローソクたてたバースデーケーキが笑えました。

「医龍」はけさ、録画を観ました。
今回は霧島とミキの関係や浅田先生がなぜ北日本大学を追われたのか、荒瀬先生の過去について明るみになりました。特に何か事件が起こったわけではなかったので、「ふーん」という感じで見終わってしまいましたが、この回を見逃していると次の話がわからないんだろうな。

今回は荒瀬先生の「にゃにゃ~~~つ」が聞けず残念。
ちなみにこの「にゃにゃ~~~つ」を、ぷちぐりに聞かせると非常に喜びます。
続きが気になる~~~。




≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

♪にゃんこ☆

Author:♪にゃんこ☆
2004年3月に結婚(夫HN:グリーンウェル)、2005年1月に妊娠がわかり、同年9月に長男(HN:ぷちぐり)を出産しました。
さらに2008年5月に二人目を妊娠し、2009年1月に次男(HN:みにぐり)を出産しました。
そして2010年5月、三人目を妊娠。2011年1月に長女まめにゃんが誕生しました。
ただいま3人育児に奮闘中です。

お問い合わせ窓口とにゃんこ一家のプロフィール


詳細は【にゃんこ一家のプロフィール】にて。

※広告掲載について
このブログは、アフィリエイトシステムを利用して広告掲載をしています。
>>詳細

本家サイトです
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最新トラックバック
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

BlogPeople
ユーザータグ

ぷちぐり みにぐり 妊娠生活 ぐりーん 料理 スイーツ 育児 産科医療 まめにゃん おなかの赤ちゃん にゃんこの実家 妊婦健診 保育所 発達 クリスマス 幼稚園 ぐりーんの実家 連続ドラマ 絵本  外食 小児科 ダイエット 風邪 レシピ ファッション お正月 妊娠出産育児の本 言葉 飲み物 旅行 海水浴 入院生活 離乳食 大阪 誕生日 子どもの行事 家電 マイホーム トミカ コミック 久美浜 アニメ 家事 リンクシェア 阪神 見本市 産後ママ 赤ちゃんの危険 予防接種 みなと悠悠 手作り 小説 NHK教育 にゃんこの子ども時代 健診 J-POP 授乳 母乳育児 ハンドメイド ねんね うんち にゃんこの車 にゃんこのお友達 いたずら LSレビューアフィリ はんど&はあと モラタメ ユキ 二宮和也 Wii ライフスタイルの本 ケータイ スペシャルドラマ 今年の抱負 遊び コスメ 競馬 年賀状 入園準備 つわり 音楽 トイレトレーニング ぐりーんの車 薬膳マイスター 映画 あんよ レビュー がくぶん 公園 読み聞かせ ぷちぐりのお友達 赤ちゃん 赤ちゃんグッズ おもちゃ 関西の番組 ベルメゾン ぐりーんのお友達 入院準備 収納 端午の節句 福祉 生理 歳時記 ギフト 帝王切開 お笑い  入学準備 振り返り お産の兆候 サイト紹介 ワンピース 奈良 節約 セシール 通園グッズ レシピ本 戦争 芸能ネタ 内祝 ハロウィン インフルエンザ 派遣の仕事 おむつ 小学校 散歩 年末 韓国ドラマ 母の日 嘔吐 スキンケア 発熱 病院の仕事 神社 食育 子ども服 祭り アフィリエイト 冬至 伊勢  運動会 お弁当 ムーブ デジカメ 野球 結婚記念 遊園地 雑貨 チャングム 朝ごはん ニッセン 日本映画 おせち ニュース 二人目が欲しい 育児グッズ ロタウィルス 下痢 戦争ドラマ しつけ 栄養 図書館  幸せ本 阪神淡路大震災 突発性発疹 CM 防災 姫野カオルコ ビタミン 温泉 産科ニュース お酒 食材の効能 にゃんこの独身時代の話 劇団四季 きょうだい 名前つけ バレンタイン 出産 母親教室 松山ケンイチ 夢をかなえる 幼児教室 綾瀬はるか LSチャンネル 年越し 大掃除 トイザラス たっち 有馬記念  公文 引越し 掃除 NHK いきものがかり アイリスプラザ 年中行事 七夕 名づけ 地震 スマホ 写真 ブログ お風呂 お盆 花火 ぐりーんの職場 プラセンタ ヘアケア 学習 まつり お月見 内祝い ノンフィクション お出かけ 出産準備 教育 複合機 祝い ヘルパンギーナ 毛穴 安全対策 家具 フォトブック 節電 テレビ 耳鼻科 公団 ママの就職活動 ミシン おばあちゃんの知恵袋 ソフロロジー ミキハウス バイキング ベルメゾンネット ひなまつり 小栗旬 悪露 飛行機  お手伝い モニター 政治家 DHC 参観 脳科学 競馬場 結婚 簿記 子供服 試験 アンチエイジング ノート術 ビジネス書籍 東野圭吾 銀魂 迷信ネタ 産院 生活リズム カラオケ お通夜 はなかっぱ お葬式 おさかなちゃん 救急 カフェ サワガニ 勝谷誠彦 お名前シール ぜんそく 基礎体温 潮干狩り 陣内智則 記念日 おお振り flumpool 母乳 メジャー 入学 医療ドラマ 通勤 GW 遠足 迷子 ランキング 食あたり 七草 ドラマ こどもちゃれんじ iPod 朝顔 リンクシェア・チャンネル 保存食 人見知り 洗濯機 タヒチ エイプリルフール 菖蒲湯 韓国語 はいはい 健康に関する本 保育園 おでかけ 食欲の権化  花火大会  紅白 サイト運営 ホワイトデー 胎教 グッズ LSレビューアフィリ IKEA AKB48 薬膳料理 認知症 Eテレ リンクシェアチャンネル 年金 もちつき 戦争映画 プレゼント ランドセル 柚子湯 家事グッズ ツイッター 正月準備 レミオロメン 内科 大河ドラマ 映画化 子どもの病気 チョッパー 石鹸 防寒 成宮寛貴 水槽 Ripre キッチングッズ サイト 新居 お祝い 気管支炎 ゆず湯 手帳 東急ハンズ 夏祭り つかまり立ち ルクエ カーヴィーダンス 伝い歩き 懸賞 おうちカフェ Facebook コンテスト 釣り AKB 乗り物 紅葉 香り スケジュール NMB48 ダウンジャケット トミカ博 ガンダム ノロウィルス キャラクター ぷちぐりの友達 習い事 洗濯 だだこね  こいのぼり 引っ越し お絵描き 闘病記 からだにいい本 マッサージ 出石 こむらがえり 土用 クイズ BBクリーム 水遊び 森下仁丹 写真撮影 mixi ポイントサイト 整理収納 テプラ 実用書  クオカ アニメ映画 皆既日食 BentoBOX イオン イチゴ 電子マネー WAON 録画 天気予報   バラエティ TSUDOI 給付金 サンキュ! 若松美穂 水ぼうそう UR賃貸 ワーキングマザー バーベキュー 扁桃腺炎 相談 防犯 便秘 アデノウィルス 御殿場 サプリ 寝返り発達 葉酸 ノートPC サンキュ ハードディスク 裁判 ベランダ園芸 入園 ZARD 仏教行事 ホットケーキミックス ひらがな 音楽番組 自転車 仮面ライダー 葬儀 新書 介護 子育て支援制度 法事 DVDレコーダー SONY アンパンマン 迷信 地デジ にゃんこの子ども時代の話 空港 準備品 名刺 鶴橋 検診 白鳩 コスプレ 水族館 焼肉 鳥羽 菅原道真  ティーライフ 寝かしつけ リンクシェア・チャンネル たんぽぽコーヒー 医療の制度 クラシック PC 買い物 受験 お歳暮 日商簿記 楽天 夜泣き 桃の節句 児童書 パーティー しまじろう あせも トライアルキット ミネラル 生理不順 祖父母 日本橋 美容院 Word 国民休暇村 キッチン 故障 心理系の本 毛染め 三浦春馬 天体戦士サンレッド 結婚記念日 映画館 保健センター おかげ横丁 博物館 テーマパーク MT 上杉隆 キャリーバッグ ベルーナ 夢展望 乳腺炎 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。