スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

赤ちゃんでも有馬温泉オッケーよ

 2012-11-22
秋深くなってきました。
紅葉(photo by clef


紅葉の美しい季節になってきましたね。我が家の駐車場にも、真っ赤になった紅葉が飛んでくるようになりました。

紅葉と言えば・・・今朝の「おは朝(関西ローカルの朝の情報番組)」では、有馬温泉の特集でした。

有馬温泉って紅葉の名所だったんですね。有馬温泉のイメージと言えば、関西ローカルのCMでよく見た
「月光苑♪月光苑♪あ・り・ま」とか「有馬ひょうえの紅葉閣へ♪」が浮かんで来たり、太閤秀吉のゆかりの温泉という感じなんですが、有馬温泉周辺には瑞宝寺公園や、鼓ヶ滝公園、紅葉谷などの紅葉の名所があります。

>>有馬温泉


ところで最近、たまたまネットを見ていて気づいたのですが・・・

有馬温泉って子連れファミリーにとって、かなり敷居が高いと思われているんですね。

確かに高級感を感じたり、お高いイメージがありますが、正直驚きでした。

なぜなら。。。

ぷちぐりを連れて初めての子連れ旅行として、旅行会社さんに紹介してもらったところが有馬温泉だったんですよね。


その時に宿泊したのが有馬グランドホテル。

貸切風呂も使えたし、赤ちゃん用のいすとスプーン&フォークも貸し出してくれました。

また、私たちが宿泊したのが夏でしたが、ホテルのプールには子ども用&赤ちゃん用もありましたし、売店には水遊び用おむつも販売していました。


そして、有馬温泉の泉質から気になるのは、赤ちゃんを温泉に入れていいかどうか。

有馬温泉の泉質については金泉と銀泉がある以外の説明がややこしいので割愛(爆)させていただくとして(スミマセン)、大浴場は温泉の湯とそうでない湯がありましたので、泉質が心配な方は温泉でない湯のほうに入れると大丈夫。また、先述のように貸切風呂もあるので安心です。

私が宿泊した時は、当時のぷちぐり(生後10か月)より小さいと思われる赤ちゃんを連れた方もいらっしゃいました。


有馬グランドホテルだと、赤ちゃん連れでも安心です。

有馬行きたいけど、子連れじゃな~~~と思ってらっしゃる方、ここなら大丈夫。



有馬グランドホテル
7階のお部屋でした。眺めは最高!


■FruitsBasketに詳しく掲載
>>赤ちゃんと旅行に行きました【2】有馬温泉編









スポンサーサイト
カテゴリ :旅行・レジャーのお話 トラックバック(-) コメント(-)

もっと早くに出版されてたらなぁ・・・「くぼたのうけん公式ガイドブック」

 2010-02-11
なんだか連続で「エチカの鏡」ネタですみません(笑)

昨年春ごろ、「エチカの鏡」で英才教育SPとして取り上げられていた久保田カヨ子さんの子育て論に共感以来、関連書籍がすごく気になっていました。

久保田カヨ子さんは脳科学者の権威・久保田競氏の奥さん。
妊娠中、おうちにいると暇なので何気に旦那さんの学術書を読んでいたら、これがおもしろい!
・・・あ!?これって育児に応用できひん?
そう考えたカヨ子さんは自分のお母さんをはじめとするお母さんたちに「どんな育児をしていたか」をいろいろ聞いて廻り、それが脳科学的に根拠があったのかどうかを学術書片手に検証していったそうです。

さらに、自身で検証した育児論を自身のお子さんの育児に利用(笑)してみたら、発育も早い上、気づけばお子さん東大に入学しちゃった。・・・という話でした。

番組で紹介されていた、久保田カヨ子さんの脳科学育児7か条・新7か条はどれも普段お子さんと当たり前にやっていることややればできるようなことばかりで、そしてそれが脳科学的にも根拠があり、赤ちゃんの脳の発達にいいということがわかりました。

7カ条についての続きを見る

みにぐり

 2009-04-24
20090424230647


最近ぷちぐりの話ばっかりだったので、たまにはみにぐりのネタも書こうと思います。

生後3ヶ月になり、みにぐりはよく笑うようになり、いい表情を見せてくれるようになりました。
上の画像のあと、いい笑顔を見せてくれたんだけど直前でシャッターが切れてしまったようです^^;

ここ一週間ほどから、ハンドリガードが始まりました。自分のこぶしを不思議そうに見つめています。
そのポーズがなんか勇ましいポーズで、思わず夫と笑ってしまいました^^







「赤ちゃん学を知っていますか?」を読みました

 2009-02-19
赤ちゃん学を知っていますか?―ここまできた新常識 (新潮文庫)赤ちゃん学を知っていますか?―ここまできた新常識 (新潮文庫)
産経新聞「新赤ちゃん学」取材班

新潮社 2006-05
売り上げランキング : 3205

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



出産前に図書館で借りて、入院するときに持参し、ヒマな時に読んでいました。

もともとはこの本、産経新聞の家庭欄に定期的に連載されていたコラムを元に編集されています。
我が家で産経新聞をとりはじめて、楽しみにしている連載記事のひとつです。

産後これから赤ちゃんとどう付き合っていくかを考える上で課題になることがたくさんあります。

母乳育児について。語りかけや読み聞かせ。英語は何歳から始めたらいいのか。テレビ・ビデオの影響。アレルギーや離乳食についてなどなど。。。それらについて小児科学、発達心理学、脳科学、霊長類学に基づいた最新の研究成果を、一般の母親レベルでもわかりやすく書かれた「あかちゃん学」の入門書になっています。

また、育児をしていると、義母なり実母なりが昔の育児常識をおしつけてくることが多々あります。
正直、ヒジョーに困ります。

卒乳や離乳食など、時代とともに常識も変わっているのですが、それをなかなか認めてもらえず、イヤイヤ従わざるを得なかったこともありました。
ですが今回はこの本のおかげで、今の常識を主張する上で最新の研究成果という後ろ盾ができたので助かりました。
不思議なことにご年配の方は、学術的な話となると妙に納得されるんです。

また、英語の早期教育についても私は「日本語をまともにしゃべれるようになるのが先!」という考えだったので、これまで赤ちゃん向けの英語教材には見向きもしないようにしていました。
それが、某社より送られてきたDMに「小さいうちから教えるほうが、恥らいなく発音の練習をするので時期的には最適」といったようなことが書かれてあり、多少心が揺れました。

でも、本書には「日本語があやしいうちに英語など2ヶ国語以上を教えると赤ちゃんが混乱し、結局日本語も他国語も習得できなくなってしまう」とあり、このままでいいんだと、自分がしっかりできました。

※そういう事情なので、私の運営サイトでは幼児用の英語教材の広告は一切貼っていません。

日常普通に行なっている育児についても、理論的裏づけを持つことって時に必要になりますね。

本書は一見、難しげなことが書かれた本のように思えますが、もともと新聞コラムなので、読んでみたらすぅっと読めます。また、本書で最新の赤ちゃん事情を知って、これからの育児に生かすことも可能です。さらに興味があれば「日本赤ちゃん学会」に参加してもいい勉強になると思います。



日本赤ちゃん学会
赤ちゃんを総合的にとらえ、医療、工学、心理学、社会学など多面的な視点から、「赤ちゃんを中心とした赤ちゃん学」という21世紀の学問領域の構築を目指し、2001年に設立されました。(HPより抜粋)
第9回学術集会は、2009年5月16日(土)、17日(日)滋賀県立大学 交流センター(滋賀県彦根市)にて開催されるそうです。





生まれてきたわが子に母が最初にかけた言葉

 2008-06-13
今、今日放送されていた「ランキンの楽園」の録画を見ています。

この番組、普段はあまり観ないんですが、今日のテーマはぜひ見なければ!!と思い、思わず録画予約しちゃいました。それがこの記事のタイトルになっている

「生まれてきたわが子に母が最初にかけた言葉」ランキン

妊娠に関するサイトを作っていることや、現在妊娠中と言うこともあって興味があったのです。

そんなにバリエーション豊富な回答が得られるランキングではないと思って、番組の一部かと思っていたら、まるまる一時間このテーマでやってくれるんですね。見ごたえたっぷりでした。

ランキンの1位はやっぱり「ありがとう」でした。
お母さんたちが頑張って出産した直後、抱っこさせてもらった赤ちゃんに「ありがとう」と話しかけるのを見ると、思わず涙してしまいました。いえもちろん、2位以下の言葉「がんばったね」「やっと会えたね」とか「よかったね」「かわいい」にもお母さん方それぞれの思いがあふれていて、素敵だと思っているんですよ、もちろん。

この時の「ありがとう」にはいろいろな意味が含まれていますよね。
「私たちの子どもに生まれてきてくれて『ありがとう』」
「無事に生まれてくれて『ありがとう』」

お母さんたちの中には、一度流産をしたことがあり、その後授かった赤ちゃんが無事生まれたことに感謝しながら「ありがとう」と声を掛けていた方もいました。また、番組では触れていませんでしたがひょっとしたら中には、不妊治療の末授かった赤ちゃんに対してそう言ったお母さんもいたんだろうな・・・と思います。

この「ありがとう」はすごく深く、重みのある言葉なんですね。

それにこの番組、最近のお産事情についても触れてくれているので、なかなかおもしろい。
最近では子どもたちの立会い出産や自宅での出産を希望されるお母さんが多いということや、産院で産後のエステサービスをされるところも多くなっているということ。知ってたことですがなるほどなーと思いながら見てました。

また、出てくる赤ちゃんたちもみんなかわいいのなんの。すやすや眠る赤ちゃん、ほぎゃあと泣く赤ちゃん、のほほんとした顔をした赤ちゃんもいれば、一生懸命おっぱいを吸う口をしていた赤ちゃんもいたりして。

うわーーーー、なんだか出産が楽しみになってきた♪こんな赤ちゃんにまた会えるんだなぁ。。。



そういえば。。。

息子の出産の時、なんて声を掛けたかなぁと思いだそうとしたのですが。。。思い出せん。
というか、そうだ!声を掛けそびれたんだった^^;
なぜかというと・・・。

帝王切開で出産後、生まれたての息子を助産師さんが見せてくれたのですが、「うわぁーーーー」と思ってニコッとした直後、子宮をお腹に戻す作業を先生がされ、強烈な吐き気に襲われて何も言えなかったんです。いやんもう、タイミング悪すぎ。

でも病室に赤ちゃんを連れてきてくれた時に「ありがとう」と言ったような気がします(気、かいっ)。


この録画、絶対明日夫に見せようっと♪


赤ちゃんポストに3歳児

 2007-05-16
ドラマがどうちゃらなんて書いている場合ではない。今日は書きたいネタがあったのに。

熊本の赤ちゃんポストに3歳の子どもが置き去りにされたというニュースが流れていましたね。

赤ちゃんポストの是非についてさまざまな意見が飛び交う中、まさか3歳児が置かれることになろうとは。

私が最初このニュースをYAHOOで知った時、最初に思ったのは
「あのポストによく3歳児が入ったな」なんて物理的なことでした。
でも、よく考えると3歳っていったら普通に発育していたらおしゃべりできるし、もちろん名前は言えるし、この頃の記憶は一生残ることだってあるんですよね。(ちなみに私の記憶する最も古い記憶は3歳の頃でした)そう思うと、置き去りにされた子どもの心の傷が心配になるし、そんな子を置いていく親の神経を疑ってしまう。

関西の情報番組「ムーブ」で、女性アナウンサーが言っていたことがすごく印象的でした。
「お父さんに新幹線に乗せてもらえて、乗っている間きっとすごく喜んでいただろうと思う。その行き着いたところがこの赤ちゃんポストで、お父さんに置き去りにされたのかと思うと・・・すごく心が痛い」(言葉そのままではありません)

今回に関してはいろんな報道番組や情報番組でいろんなコメンテーターがコメントしていますが、いろいろ聞いていても、何が問題点なのかが整理されきっていなくて「どの言い分もわかるけど、で、結局どうなん?」と言いたくなりそう。私も私なりに考えたいけど、なかなか整理できず。

ただ、言えそうなのは・・・
1)赤ちゃんポストに赤ちゃんを置くことは子どもを捨てる行為になるのかも知れないけれど、連れてくるだけマシ。ネグレクトしたり、餓死させる親のことを思えば。。。
2)本来相談機関として機能してくれなければならない相談機関が認知されていなかったり、匿名で相談しづらいことも問題なのではないか?なまじ赤ちゃんポストがマスコミで騒がれたがためにこういうことになったのかも。

でも、行政機関に相談しにくいという気持ちもすごくよくわかります。人によっては上からものを見るような話し方をする相談員もいるし。虐待の芽を摘むことに躍起になってて、ちょっと相談しただけで「虐待の可能性あり」という目で見られたり。。。これでは相談に行くのもためらってしまいます。

以前、大学の福祉相談援助技術の授業で
「クライアントは、相談しようと一歩を踏み出すだけでもものすごい勇気をふりしぼっています。だから相談員は『よく相談に来てくださいました!』と、まずは相談室を訪れてくれたことを評価してあげてください」
と学びました。

実際、過重な業務に忙殺されているとなかなかそんなふうに思うことってできないかもしれないですが、ただでさえ後ろめたい思いをしながら相談者が相談に訪れる機関の相談員には、もってほしい姿勢かもしれません。


もっといろいろ思うことはあるのですが煮詰まってしまった。
まとまれば後日気まぐれに書いてみます。




■トラバさせていただきました■
赤ちゃんポストに3歳児!?
想定外 ー赤ちゃんポストに3歳児
赤ちゃんポストに3歳児は「想定外」ですか?


≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

♪にゃんこ☆

Author:♪にゃんこ☆
2004年3月に結婚(夫HN:グリーンウェル)、2005年1月に妊娠がわかり、同年9月に長男(HN:ぷちぐり)を出産しました。
さらに2008年5月に二人目を妊娠し、2009年1月に次男(HN:みにぐり)を出産しました。
そして2010年5月、三人目を妊娠。2011年1月に長女まめにゃんが誕生しました。
ただいま3人育児に奮闘中です。

お問い合わせ窓口とにゃんこ一家のプロフィール


詳細は【にゃんこ一家のプロフィール】にて。

※広告掲載について
このブログは、アフィリエイトシステムを利用して広告掲載をしています。
>>詳細

本家サイトです
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最新トラックバック
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

BlogPeople
ユーザータグ

ぷちぐり みにぐり 妊娠生活 ぐりーん 料理 スイーツ 育児 産科医療 まめにゃん おなかの赤ちゃん にゃんこの実家 妊婦健診 保育所 発達 クリスマス 幼稚園 ぐりーんの実家 連続ドラマ 絵本  外食 小児科 ダイエット 風邪 レシピ ファッション お正月 妊娠出産育児の本 言葉 飲み物 旅行 海水浴 入院生活 離乳食 大阪 誕生日 子どもの行事 家電 マイホーム トミカ コミック 久美浜 アニメ 家事 リンクシェア 阪神 見本市 産後ママ 赤ちゃんの危険 予防接種 みなと悠悠 手作り 小説 NHK教育 にゃんこの子ども時代 健診 J-POP 授乳 母乳育児 ハンドメイド ねんね うんち にゃんこの車 にゃんこのお友達 いたずら LSレビューアフィリ はんど&はあと モラタメ ユキ 二宮和也 Wii ライフスタイルの本 ケータイ スペシャルドラマ 今年の抱負 遊び コスメ 競馬 年賀状 入園準備 つわり 音楽 トイレトレーニング ぐりーんの車 薬膳マイスター 映画 あんよ レビュー がくぶん 公園 読み聞かせ ぷちぐりのお友達 赤ちゃん 赤ちゃんグッズ おもちゃ 関西の番組 ベルメゾン ぐりーんのお友達 入院準備 収納 端午の節句 福祉 生理 歳時記 ギフト 帝王切開 お笑い  入学準備 振り返り お産の兆候 サイト紹介 ワンピース 奈良 節約 セシール 通園グッズ レシピ本 戦争 芸能ネタ 内祝 ハロウィン インフルエンザ 派遣の仕事 おむつ 小学校 散歩 年末 韓国ドラマ 母の日 嘔吐 スキンケア 発熱 病院の仕事 神社 食育 子ども服 祭り アフィリエイト 冬至 伊勢  運動会 お弁当 ムーブ デジカメ 野球 結婚記念 遊園地 雑貨 チャングム 朝ごはん ニッセン 日本映画 おせち ニュース 二人目が欲しい 育児グッズ ロタウィルス 下痢 戦争ドラマ しつけ 栄養 図書館  幸せ本 阪神淡路大震災 突発性発疹 CM 防災 姫野カオルコ ビタミン 温泉 産科ニュース お酒 食材の効能 にゃんこの独身時代の話 劇団四季 きょうだい 名前つけ バレンタイン 出産 母親教室 松山ケンイチ 夢をかなえる 幼児教室 綾瀬はるか LSチャンネル 年越し 大掃除 トイザラス たっち 有馬記念  公文 引越し 掃除 NHK いきものがかり アイリスプラザ 年中行事 七夕 名づけ 地震 スマホ 写真 ブログ お風呂 お盆 花火 ぐりーんの職場 プラセンタ ヘアケア 学習 まつり お月見 内祝い ノンフィクション お出かけ 出産準備 教育 複合機 祝い ヘルパンギーナ 毛穴 安全対策 家具 フォトブック 節電 テレビ 耳鼻科 公団 ママの就職活動 ミシン おばあちゃんの知恵袋 ソフロロジー ミキハウス バイキング ベルメゾンネット ひなまつり 小栗旬 悪露 飛行機  お手伝い モニター 政治家 DHC 参観 脳科学 競馬場 結婚 簿記 子供服 試験 アンチエイジング ノート術 ビジネス書籍 東野圭吾 銀魂 迷信ネタ 産院 生活リズム カラオケ お通夜 はなかっぱ お葬式 おさかなちゃん 救急 カフェ サワガニ 勝谷誠彦 お名前シール ぜんそく 基礎体温 潮干狩り 陣内智則 記念日 おお振り flumpool 母乳 メジャー 入学 医療ドラマ 通勤 GW 遠足 迷子 ランキング 食あたり 七草 ドラマ こどもちゃれんじ iPod 朝顔 リンクシェア・チャンネル 保存食 人見知り 洗濯機 タヒチ エイプリルフール 菖蒲湯 韓国語 はいはい 健康に関する本 保育園 おでかけ 食欲の権化  花火大会  紅白 サイト運営 ホワイトデー 胎教 グッズ LSレビューアフィリ IKEA AKB48 薬膳料理 認知症 Eテレ リンクシェアチャンネル 年金 もちつき 戦争映画 プレゼント ランドセル 柚子湯 家事グッズ ツイッター 正月準備 レミオロメン 内科 大河ドラマ 映画化 子どもの病気 チョッパー 石鹸 防寒 成宮寛貴 水槽 Ripre キッチングッズ サイト 新居 お祝い 気管支炎 ゆず湯 手帳 東急ハンズ 夏祭り つかまり立ち ルクエ カーヴィーダンス 伝い歩き 懸賞 おうちカフェ Facebook コンテスト 釣り AKB 乗り物 紅葉 香り スケジュール NMB48 ダウンジャケット トミカ博 ガンダム ノロウィルス キャラクター ぷちぐりの友達 習い事 洗濯 だだこね  こいのぼり 引っ越し お絵描き 闘病記 からだにいい本 マッサージ 出石 こむらがえり 土用 クイズ BBクリーム 水遊び 森下仁丹 写真撮影 mixi ポイントサイト 整理収納 テプラ 実用書  クオカ アニメ映画 皆既日食 BentoBOX イオン イチゴ 電子マネー WAON 録画 天気予報   バラエティ TSUDOI 給付金 サンキュ! 若松美穂 水ぼうそう UR賃貸 ワーキングマザー バーベキュー 扁桃腺炎 相談 防犯 便秘 アデノウィルス 御殿場 サプリ 寝返り発達 葉酸 ノートPC サンキュ ハードディスク 裁判 ベランダ園芸 入園 ZARD 仏教行事 ホットケーキミックス ひらがな 音楽番組 自転車 仮面ライダー 葬儀 新書 介護 子育て支援制度 法事 DVDレコーダー SONY アンパンマン 迷信 地デジ にゃんこの子ども時代の話 空港 準備品 名刺 鶴橋 検診 白鳩 コスプレ 水族館 焼肉 鳥羽 菅原道真  ティーライフ 寝かしつけ リンクシェア・チャンネル たんぽぽコーヒー 医療の制度 クラシック PC 買い物 受験 お歳暮 日商簿記 楽天 夜泣き 桃の節句 児童書 パーティー しまじろう あせも トライアルキット ミネラル 生理不順 祖父母 日本橋 美容院 Word 国民休暇村 キッチン 故障 心理系の本 毛染め 三浦春馬 天体戦士サンレッド 結婚記念日 映画館 保健センター おかげ横丁 博物館 テーマパーク MT 上杉隆 キャリーバッグ ベルーナ 夢展望 乳腺炎 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。