スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「ALWAYS三丁目の夕日’64」観てきました♪

 2012-01-29
映画なんて久しぶり♪産後初です。

ハンカチ必須の感動映画「ALWAYS三丁目の夕日'64」を観てきました。



この映画は1作目からずっと映画館で観ています。テレビ放映されるたびに何度も何度も見てしまうお気に入り映画のシリーズ。
今回は東京オリンピック開催の1964年のお話。
子どもたちも大きくなり、六ちゃん(堀北さん)もキレイな大人の女性になっています。「続」の時に茶川(吉岡さん)と結ばれたヒロミ(みにぐり大好き小雪さん)はお腹に赤ちゃんが。

今回は最初から最後まで泣きっぱなし。そして時々大笑い。

茶川のお父さんのエピソードと、須賀くん演じる淳之介のエピソードがキレイにリンクしていて、それだけに泣けます(詳細はネタバレするので割愛)。

この関連シーンの中に、私の大好きな洋画「ニューシネマ・パラダイス」から材をとったと思われるシーンがあり、私はそこが一番泣けました。

六ちゃんも今回でとうとう結婚です。こちらは泣き半分、笑い半分。

堤さんの恐竜変身レベルの怒りシーン&ぶっ飛ばしシーンはもうお約束。爆笑。



ひとつ残念だったのは、薬師丸ママの「古き良き日本のお母さん」的なシーンのインパクトが少し弱かったかな。

1作目の、セーターにお守りと称して、お金と「困った時に使いなさい」と書いた手紙を縫いつけてあった等のシーンは感動ものだったんだけどなぁ。。。


小雪さんはこの映画の撮影時、ホントに妊娠中だったんですよね。「撮影、本当にご苦労様」という気持ちになりました。ただ、冒頭と中盤でお腹の大きさが違っていて、しかも冒頭のほうがお腹が大きかったのが気になりました^^;


いろいろと突っ込みどころなどはありますが、おすすめ度は★5です。笑いあり・涙ありの感動映画です。
昭和の街並みもリアルで芸が細かいのも見どころ。

ただ、3Dまでは必要ないかも。オープニングの昭和の街並みをじっくり見せてくれるところと、六ちゃんの彼氏が堤さんにぶっ飛ばされるシーンぐらいしか3Dの見どころはないような気がしましたから。。


■映画の座席は予約するとラク♪
Movixおさきにネット
ワーナー・マイカルe席リザーブ:インターネットで座席予約♪
TOHOシネマズ:インターネットで座席予約ができる前売券。
ピンポイント座席指定可能 ユナイテッド・シネマ「U-ONLINE」


ALWAYS 三丁目の夕日 通常版 [DVD]
by カエレバ


ALWAYS 続・三丁目の夕日[DVD豪華版]
by カエレバ




>>旧作をレンタルするならおうちでラクに♪


スポンサーサイト
カテゴリ :テレビ・映画・DVD・音楽のお話 トラックバック(-) コメント(-)

二宮くんの「大奥」を観て、イオンモールで癒しの時間

 2010-10-11
念願の「大奥」観てきました~~~♪

子どもらはパパにお任せし、帰りにミスドのドーナツを買って帰るという約束で、一人で外出。

こんなの久しぶり~~~。




二宮くんの「大奥」を観て、イオンモールで癒しの時間 の続きを読む

カテゴリ :テレビ・映画・DVD・音楽のお話 トラックバック(-) コメント(-)

これは観るしかない!「GANTZ」の映画化~二宮くんと松ケンの共演♪

 2009-10-08
今朝、何気にヤフーのニュースを見ていたら
「二宮&松ケン映画で初共演」なんて見出しが飛び込んできた。

こんなん見逃すわけには・・・・

映画は、週間ヤングジャンプで連載されている「GANTZ」という漫画が原作なのだそう。


GANTZ  1~30巻コミックセット


んで・・・どんな映画なんかな?

ストーリーは・・・

どうやら謎の星人と彼らが戦う話みたいですね(超はしょり説明)


ホントにホントの詳細は公式サイトWikipediaなどで。

Wikipdediaを読んだら

作者が高校時代から暖めていた、「必殺仕事人」にSFテイストを加えた「夜にみんなで集まって殺しに行く」物語[1]を描いた青年漫画。



なんて書いてある。

「銀魂」や「BREACH」みたいな話??

うーーん、イメージできそうな、できなさそうな・・・。


ま、とにかくあの二人が主役なら・・・(★▽★)

製作はアニメ「ホッタラケの島」や映画「砂時計」の佐藤信介監督、脚本は「20世紀少年」の渡辺雄介さん、プロデュースは「デスノート」の佐藤貴博さん・・・

スタッフも素敵な方々ばかりのようです。


そして公開は前後編の2作構成で、2011年冬と春にされることになっているそうです。

ということは2回見に行かないといけないのね。
こりゃ子どもらはにゃばば宅で留守番してもらって(爆)見に行かなきゃ♪


>>最安値でイッキにまとめ買い
ブックオフオンラインのオトナ買い




今さらニュース~「おくりびと」「つみきのいえ」アカデミー賞受賞♪

 2009-02-26
3日ほど前の話を今さらですが・・・

アカデミー賞で日本の作品が2つも受賞しましたね。ワイドショーではまだ感動冷めないようで、連日このニュースが報道され続けています。



私が小学生だった頃、シブがき隊が大活躍だった頃ということもあり、いまだに本木雅弘氏を「モックン」と言ってしまいます(笑)ちなみに私はフックン派でしたが^^;

モックンのこれまでの軌跡をいろんなワイドショーで紹介されているのをいろいろ見聞きしていましたが、子どもの頃「明星」(←若い人は知らないかもしれませんが昔こういう名前のアイドル雑誌がありました)や「マイアイドル」「ティーンアイドル」なんかに掲載されていた記事の内容などを思い出してみると「なるほど~~~」と思うことが多いですね。芝居に対する姿勢が他の二人とは明らかに違っていた・・・なんて聞くと、そういえば、映画「ヘッドフォン・ララバイ」では主演:シブがき隊と言いつつも実質の主役はモックンだったようなぁ・・・とか、サイン色紙の文字もすごい達筆だったとか、そんなことを思い出してしまいました。

今思えば、アイドルじゃなく正真正銘の役者になるべく人だったんだなぁと思いました。


おっとっと、内容の話は・・・

もう聞き飽きたかもしれませんが一応。
チェロ奏者だった主人公が御遺体をきれいにする納棺師に転職して、特殊な仕事に戸惑いながらも、その仕事に大きな意義を見出していく主人公と、故人を見送る際に繰り広げられる様々な人間ドラマを描いた話・・・だそうです。私はまだ見ていないので^^;

ワイドショーで写されていたワンシーンで、「おばあちゃんが一度履きたいと言っていた」と女子高生がおばあちゃんのご遺体にルーズソックスを履かせて欲しいとお願いするシーンがすごく気になります。
もうDVDが出るようなので、ぜひ観てみたいけど・・・TSUTAYAに行っても全部レンタル中だろうなぁ・・・。

そうそう、この映画が評判になって以来、納棺師の志願者が増えたそうな。。。でも、実際に納棺師のお仕事をされている方の話だと、「映画のようにキレイな仕事だとは思わないでください」とのこと。そりゃあそうですよね。皆が皆、病死ばかりとは限らないのですから・・・。


それから、当日まで話題にはなっていたなかったこんな作品も短編アニメーション部門で受賞しましたね。



これはわずか12分のサイレントアニメだそうです。正直、これは見てみたい。
沈みゆく家の上の階上の階へと建て増しを続ける中で、家族の思い出を回想するという話です。
泣けるかも・・・。




映画を観る前に

 2008-02-12
ここ最近私は、見に行く映画館が限られています。
息子を妊娠する直前に、「6回映画を観たら1回分タダで見れる」という話に魅力を感じ、東宝系の映画館のシネ・マイレージカードを作ったのですが、結局カードを作ってから1~2回しかその映画館にいけなくなってしまいました。

子供ができるとなかなかねぇ。。。


そして今、もっぱら利用するのはワーナー・マイカルの映画館。

なぜかというとこの映画館は夫の実家に近いので、私ら夫婦が映画を見に行く間、息子のことをお願いできるからなのです。

それにワーナー・マイカル・シネマズでは「e席リザーブ」というサービスがあり、ネットで事前に座席の予約ができます。ま、これぐらいだったらもうだいたいどこの映画館でもこういうサービスをやっているとは思いますが、ここの場合は、見事にいい席を探せるのがありがたい。

私らは普段、座席予約をする時は「真ん中より若干後ろ加減の通路側の席を2つ」取るのが定番。割と贅沢な席だと思いますが、この席がたいてい取れます。これまでにも公開初日の「硫黄島からの手紙」や映画の日に見に行った「ALWAYS続・3丁目の夕日」でもこのこだわり席がGETできたのはウレシイ。
(単にワーナー・マイカルの中でもマイナーな映画館なのかもしれませんが・・・・^^;)

座席予約後は、上映10分前までに映画館に行って、発券機でチケットを発行すればOK。
予約番号と電話番号を入力すればいいだけなので簡単。時間を有効に使えますね♪

そしてワーナー・マイカルでも「6回見たら1回無料」のサービスを開始してくれました。
もうこれで今後も行きつけにできます。

お義母さん、また息子をよろしくね




最新映画、話題作を観るならワーナー・マイカルで!
上映中の作品スケジュールは劇場ページでチェック!

ママズクラブシアターに行って来ました

 2006-10-12
ぷちぐりと一緒に映画を観てきました。

とはいえ、観た映画は子どもの好きそうなモノとは全然違う「涙そうそう」ですが。

以前から、赤ちゃん連れで見れる映画館に興味があって、ちょっくら覗いてみようとずっと前からおもっていたのですが、このたび、「これなら見に行ってもいいか」と思ったから行っただけ。

ママズクラブシアターは、TOHOシネマズで毎週木曜日の昼頃、赤ちゃん連れのお母さん向けに上映してくれていて、赤ちゃんに配慮して館内を少し明るめに設定し、音量も赤ちゃんが驚かないように小さめにしてくれています。鑑賞中に赤ちゃんが泣いてもぐずってもお互い様で鑑賞できる、とのこと。
ベビーカーも、映画館で預かってくれます。

たくさん見に来ているのか、と思ってシアター内に入ったら、私とぷちぐりだけ。

貸し切りだーーーー!わーーーーい♪

おかげで館内でオッパイ丸出しはするわ、前の座席に足を載せるわ(マナーが悪くてすみません)のびのび鑑賞させていただきました。ぷちぐりは途中、けっこうぐずりましたが、映画の終わりのほうで眠ってしまいました。

映画自体は・・・・
「いま、会いにゆきます」の監督らしく、随所に共通点が。
重要なシーンでの、ヒロインの衣装は白いワンピースというのはお約束、らしい。

作中、長澤まさみさんが「お世話になりましたーーー」と大きく手を振るシーンでぷちぐりが、長澤ちゃんに向かって両手をふっていたのには笑いました。

でもなんか、疲れた。

子連れの映画はしばらくはパス。





≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

♪にゃんこ☆

Author:♪にゃんこ☆
2004年3月に結婚(夫HN:グリーンウェル)、2005年1月に妊娠がわかり、同年9月に長男(HN:ぷちぐり)を出産しました。
さらに2008年5月に二人目を妊娠し、2009年1月に次男(HN:みにぐり)を出産しました。
そして2010年5月、三人目を妊娠。2011年1月に長女まめにゃんが誕生しました。
ただいま3人育児に奮闘中です。

お問い合わせ窓口とにゃんこ一家のプロフィール


詳細は【にゃんこ一家のプロフィール】にて。

※広告掲載について
このブログは、アフィリエイトシステムを利用して広告掲載をしています。
>>詳細

本家サイトです
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最新トラックバック
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

BlogPeople
ユーザータグ

ぷちぐり みにぐり ぐりーん 料理 スイーツ 育児 妊娠生活 まめにゃん 産科医療 にゃんこの実家 保育所 発達 ぐりーんの実家 幼稚園 クリスマス 連続ドラマ おなかの赤ちゃん 絵本 風邪  ダイエット 妊娠出産育児の本 お正月 旅行 言葉 小児科 レシピ 離乳食 外食 ファッション 海水浴 飲み物 子どもの行事 大阪 トミカ 誕生日 見本市 マイホーム 久美浜 家電 入院生活 産後ママ 予防接種 家事 リンクシェア アニメ 阪神 コミック 小説 NHK教育 にゃんこの子ども時代 健診 赤ちゃんの危険 にゃんこのお友達 J-POP ハンドメイド いたずら 手作り みなと悠悠 妊婦健診 うんち ねんね 授乳 ユキ 競馬 母乳育児 ケータイ 年賀状 ライフスタイルの本 今年の抱負 トイレトレーニング 入園準備 遊び はんど&はあと 二宮和也 コスメ あんよ がくぶん 薬膳マイスター 読み聞かせ 音楽 赤ちゃん LSレビューアフィリ Wii おもちゃ  映画 スキンケア 生理 モラタメ 端午の節句 ギフト 振り返り ぐりーんの車 ベルメゾン お笑い レビュー にゃんこの車 公園 通園グッズ 収納 芸能ネタ スペシャルドラマ 散歩 韓国ドラマ 派遣の仕事 セシール 節約 おむつ 関西の番組 ワンピース 年末 レシピ本 朝ごはん 雑貨 内祝 嘔吐 歳時記 アフィリエイト インフルエンザ お弁当 福祉 神社 食育 伊勢 祭り おせち 帝王切開 ぐりーんのお友達 結婚記念 ムーブ ぷちぐりのお友達 子ども服 奈良 日本映画 母の日 小学校 冬至 きょうだい 二人目が欲しい 産科ニュース ニッセン お風呂 写真 ビタミン 七夕 綾瀬はるか LSチャンネル 幼児教室 プラセンタ 劇団四季 たっち 名づけ デジカメ  有馬記念  温泉 幸せ本 ロタウィルス 下痢 入学準備 夢をかなえる バレンタイン お産の兆候 姫野カオルコ 松山ケンイチ しつけ CM お盆 遊園地 花火 発熱 阪神淡路大震災 トイザラス NHK 名前つけ スマホ 戦争 大掃除 防災 出産 入院準備 赤ちゃんグッズ 年越し チャングム アイリスプラザ 掃除 図書館 年中行事 引越し いきものがかり カラオケ 競馬場 産院 結婚 東野圭吾 モニター 簿記 悪露 ミシン DHC ぐりーんの職場 内祝い 突発性発疹 ノート術 銀魂 ベルメゾンネット テレビ 試験 ビジネス書籍 家具 栄養 ぜんそく 食材の効能 七草 複合機 教育 出産準備 にゃんこの独身時代の話 おさかなちゃん 入学 母乳 つわり 勝谷誠彦 こどもちゃれんじ 菖蒲湯 ドラマ 保存食 ランキング 安全対策 病院の仕事 政治家 地震 脳科学 はなかっぱ お手伝い 参観 ハロウィン  公文 育児グッズ 節電 ママの就職活動 生活リズム 迷信ネタ  小栗旬 ひなまつり おばあちゃんの知恵袋 救急 リンクシェア・チャンネル サワガニ はいはい 食あたり お名前シール ヘルパンギーナ 運動会 潮干狩り 迷子 記念日 ニュース ブログ 通勤 基礎体温 人見知り メジャー 洗濯機 遠足 韓国語 flumpool おお振り お月見 iPod 公団 医療ドラマ 野球 陣内智則 まつり GW ヘアケア エイプリルフール フォトブック 朝顔 習い事 寝返り発達 キッチングッズ 気管支炎 学習 耳鼻科 サプリ コスプレ ミネラル 釣り 便秘 もちつき 心理系の本 お酒 毛染め お出かけ 相談 香り 御殿場 バーベキュー 母親教室 戦争ドラマ 花火大会 保育園  健康に関する本 アデノウィルス お絵描き ソフロロジー 東急ハンズ ノートPC ワーキングマザー 扁桃腺炎 洗濯 お葬式 闘病記 サンキュ ハードディスク こいのぼり お通夜 葉酸 新書 サイト運営 家事グッズ 薬膳料理 Eテレ BBクリーム 認知症  出石 チョッパー NMB48 キャラクター バラエティ ガンダム お花 おでかけ 国民休暇村 ノロウィルス ノンフィクション 子どもの病気 タヒチ レミオロメン ダウンジャケット 買い物 トミカ博 祝い AKB 紅葉 皆既日食 だだこね 法事 つかまり立ち 伝い歩き コンテスト ZARD ルクエ ホワイトデー 毛穴 水槽 防犯 裁判 アンチエイジング ホットケーキミックス おうちカフェ 土用 サイト 水遊び マッサージ からだにいい本 クイズ 新居 ゆず湯 ひらがな 防寒 お祝い UR賃貸 夏祭り  パーティー しまじろう ミキハウス 飛行機 お歳暮 トライアルキット 祖父母 日本橋 アニメ映画 キッチン 故障  実用書 生理不順 サイト紹介 音楽番組 キャリーバッグ ベルーナ 夢展望 リンクシェア・チャンネル テーマパーク 博物館 楽天 整理収納 PC ティーライフ テプラ 迷信 美容院 給付金 保健センター サンキュ! 若松美穂 児童書 TSUDOI BentoBOX 写真撮影 mixi 三浦春馬 森下仁丹 映画館 白鳩 検診 DVDレコーダー 録画 SONY Word ポイントサイト 天気予報 WAON  こむらがえり イチゴ イオン 電子マネー クラシック あせも 受験 ツイッター 日商簿記 プレゼント 夜泣き 葬儀 正月準備 菅原道真 大河ドラマ 映画化  バイキング 柚子湯 ベランダ園芸 にゃんこの友達 成宮寛貴 乗り物 カフェ ぷちぐりの友達  グッズ 食欲の権化 上杉隆 たんぽぽコーヒー 紅白 医療の制度 準備品 にゃんこの子ども時代の話 仮面ライダー 自転車 リンクシェアチャンネル おかげ横丁 年金 結婚記念日 MT 乳腺炎 子供服 仏教行事 天体戦士サンレッド 入園 桃の節句 子育て支援制度 戦争映画 名刺 内科 アンパンマン 地デジ 鶴橋 焼肉 介護 LSレビューアフィリ IKEA 水族館 鳥羽 胎教 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。