スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

同じ学ぶなら好きなキャラクターで♪~いないいないばぁっ!で遊びながら学ぶ幼児教材

 2011-03-02
こどもちゃれんじをはじめ、最近は幼児教育教材もいろんなものがありますが・・・

先日ヒジョ~に素敵な教材が開講スタートということを知りました。

なんとおなじみ「いないいないばぁっ!」のキャラクターで楽しく遊びながら生活習慣などを身に着けられるという教材♪
「やったね!」いないいないばぁっ!コース(対象年齢1歳半ぐらい?~2歳後半ぐらい)

やったね!いないいないばぁっコースサイト
サイト→http://www.nhk-ep.com/shop/special/yattane/index.html


この「やったね!」いないいないばぁっ!コースは
2か月に1回、オリジナルDVDとやったねトイ(知育玩具)が届いて3,150円。
1年コース、6回届くそうです。
以下、カリキュラム。
NHK教育カリキュラム説明

画像では見えにくいんですが、DVDの収録曲にひかれました。知ってる歌ばっかり!

そういえば、「いないいないばぁっ!」を見ていたら

「おき~がえ、おき~がえ、およ~う~ふく~」
とか、

「ぱっくん、も~ぐも~ぐ、か~みか~み、も~ぐも~ぐ」

という感じに生活習慣を身に着けることを促すような、親しみやすい歌が流れてますよね。

親子ともども最初から知っている歌なら、なじみがあるので効果がありそう!



これ・・・ぷちぐりが2歳の時に開講されていたらなぁ・・・と思いました。
当時のぷちぐりは特に「いないいないばぁっ!」が大好きで、保育所から帰るとヘビーローテーションで録画ビデオを見まくっていました。
それぐらい好きなキャラで遊びながら生活習慣を教えていけたら、親としてもやりやすいだろうなと思うのです。

結局当時は、数ある幼児教材のなかで最もリーズナブルで信頼できるブランド?の「こどもちゃれんじ」を受講させることにし、幸いにもぷちぐりがしまじろうになじんでくれ、いい感じに受講を続けられました。
(が・・・年中さんコースに入ってからは学習的要素が多くなってきたからか、ぷちぐりがあまり興味を示さなくなり、結局退会しちゃいました。ベネッセさん、ごめんなさい・・・)


そして今・・・弟のみにぐりが対象年齢ストライクゾーン。

ちょうど、「食事のことや生活習慣をしっかり教え始めなきゃ」とか、「もっといろいろ体験させたい」とか思い始めている頃。

ケチな私はとりあえず、過去にぷちぐりが受講していた「こどもちゃれんじ」のDVDと本を引っ張り出し、みにぐりに見せてみたのですが・・・

反応がイマイチ・・・(涙)

ぷちぐりはすぐにしまじろうになじんだんだけどなぁ・・・。

しかも、「しまじろう ヘソカ」(というテレビ番組があります)も何回か見せたりして、全くなじみがないわけではないんだけどなぁ・・・。


みにぐりはひょっとしたら「いないいないばぁっ!」のほうがいいのかも・・・なんてつい、この教材の存在を知った途端に思っちゃいました。

入会特典の「ワンワンパペット」や、トイレトレーニング用の「うーたんのトイレでスー」なんかは、似たような教材が「こどもちゃれんじ」にもあったよなと思いつつも・・・

ワンワンにうーたんだからこそ、
「欲しいな」
「使ってみたいな」なんて思うのです。


ちなみに2012年度には「おかあさんといっしょ」コース(3歳~4歳)と「みぃつけた!」コース(4歳~5歳)も開講されるそうです。どれもみにぐりの好きなのばっかり。

ああ、どうしよ。一度みにぐりを遊ばせてみたいなぁ。

ただ、中身の割には少し高価かな、という気もします。おためしがあればいいのに~~~


「こどもちゃれんじ」なら絵本と保護者向けの冊子もついてくるのでそっちのほうがお得かも。


とはいえ、こういった子どもに何かをさせるためのものって、こどものテンションをいかに上げさせるかがポイントでもあります。そうなると、「子どもの好きなキャラクターもの」というのはポイント高いですよね。


この春、こどもさんに何かさせようと考えておられるなら、ちょっと選択肢に入れておいてもいいかもですね。








スポンサーサイト
カテゴリ :子育てについてのお話 トラックバック(-) コメント(-)

『天才じゃなくても夢をつかめる10の法則』見ました

 2010-01-11
日曜日の楽しみ「仁-JIN-」が終わったのでさみしいなーーと思っていたら、昨日の夜21時から日本テレビでおもしろい番組が放映されていたので見ていました。

天才じゃなくても夢をかなえられる10の法則

「天才じゃなくても」ってどういうこっちゃ!と多少は思いつつも内容は、古今東西の偉大な業績を上げた方々のしつけや教育、行動がどのように夢の実現に結びついたのかを、脳科学による検証も織り交ぜながら見出された法則をエピソードつきで紹介した番組で、なかなかおもしろかったです。

今後の子どもの教育にも役立ちそうなので、番組を見つつ、ワードでメモりました。
せっかくなので、ここにも載せちゃいます。何気に見ていて「録画しておけばよかったーーー」と思った方の参考になれば。。。


きっちり10の法則としてまとめきれなかったのですが、「これは!」と思うことはメモれていると思います。
そして私のオリジナル解釈も入れました。


石川遼くんの家庭から学んだ法則

■夢を持つと頭がよくなる。
頭が良くなるというのは夢に関する脳の領域が活性化し、夢を実現するまでの計画性が養われるということです。かなえるために具体的にどうしたらいいのか、脳が考えようとするんだそうです。



そういえば夫が私と出会う前に「H12~17年の5か年計画」と称し、いろいろ考えていたそうです。車を買うとか結婚するとかで・・・最終年に計画されていたことが「子どもの誕生」だったそうです。夫いわく、「ほぼ全部計画通り」だそうです(笑)

だから、夢はどんどん言葉にし、ノートや模造紙に書くなり、人に書くなりしよう!


■夢を否定してはいけない。
否定したら夢をなくす可能性がある。子供が夢について話したら具体的に実現までにどうしたらいいか親は真剣に相談に乗ってあげることが大事。




■子供は厳しくしかる。
脳科学の見地から言えば、身体の痛みと心の痛み、他人の心の痛みはを感じる部分は同じ場所なのだそうです。
また、最近の研究では、厳しくしかった子どもとそうでない子どもとでは、そうでない子どものほうが攻撃性が高いというデータが出たそうです。虐待にならない程度のほんの少しの痛みを伴うぐらいな多少の体罰ならOKとのこと。



体罰に関してはほぼ同じようなことを脳科学おばあちゃんの久保田カヨ子さんもおっしゃってました。


ただし。

■失敗はしからない。


本人が反省しているのにしかると追い討ちをかけるので。


■子供を思いっきりほめる
ほめられるとやる気が出るホルモン・ドーパミンの分泌が促される。そのため、ほめられるとやる気になれるということ。
ただし、年齢によってほめ方を変えないといけないそうで。7歳までは親がほめてあげ、8才からは他人にほめられると効果が大きいそうです。



■好きなことは思いっきりやらせる
一万時間の法則「好きなことを毎日続け、一万時間を超えると一流になれる」というそうです。→一万時間の法則についての詳細




坂本龍馬の生き様から学んだ法則

■おねしょが直らない子は大器晩成の可能性あり。
坂本龍馬の幼少期はねしょんべんたれのはなたれだったそうです。(そういえば大学時代の先輩で、そのふたつが自分との共通点だと胸を張っていた坂本龍馬ファンの先輩がいたなー。おもろい人やった)
脳の中で排泄を調整する機能をつかさどる部分と、知性をつかさどる部分は同じなので、そこの発達が遅い人は遅咲き。後々おお化けするかも。




■たくさんの人と会うこと。
視野を広げていくと夢が見つかる。オープンマインドの人には知的な流入がたくさんある。


いろんな人と交流し、いろんな情報を交換することで自分も成長できるし、成長することで夢に近づけるのではないか、と思います。
そしてそのためには、自分も他人の役に立つ情報を与えることも大事。


エジソンの幼少期の教育から学んだ法則

■どんどん失敗する・反省し、そこから学ぶことで夢に近づける


失敗に関する名言は著名人にもたくさんあります。

本田総一郎氏:成功は、99%の失敗に支えられた1%だ

松下幸之助氏:成功するためには成功するまで続けることである。途中であきらめてやめてしまえばそれで失敗である

ユニクロ創業者の柳井氏:私の経営を星取表とすると1勝9敗。もしこれを成功と呼べるなら、失敗を恐れず挑戦してきたからだ

メアリー・ピックフォード:失敗とは転ぶことでなくそのまま起きあがらないことなのです。

ミケランジェロ:私たち皆にとって高い目標を掲げ失敗することは危機ではない。低い目標を達成し、満足することこそ危機である

特に最後のミケランジェロの名言は胸に刺さります。アフィリ目標、もうちょっと高くしよう(笑)

それより私は幼少期のエジソンの「1+1=1だ!二つのコップの水をひとつのコップに入れたら1になるじゃないか。粘土だって二つを足したらひとつになるじゃないか」という考え方に目からうろこでした。(伝記には載っている周知のことなのかな?でも私は読んだことないから知らん)


手塚治虫のお母さんの教育から学んだ法則

■感情豊かな読み聞かせは効果大。
手塚治虫氏のお母さんは、治虫氏に漫画の読み聞かせをしていたとか。それも感情たっぷりに。脳は感情が伴ったほうが成長する。


そういえば記憶も感情が伴うほうが定着しやすいと学んだことがあります。
また、バラエティー番組は脳を発達させるそうです。それをみることによってさりげなく人間関係を学ぶとか。ホントかな~~?これに関してはちょっと疑い気味。


キュリー夫人の親子から学んだ法則

■親のそばで勉強させる。
母子関係が密なほど頭がよくなる。戦後日本の育児論に大きな影響を与えた方が「放任主義のほうが育児にはいい」なんてことを言っていたのですが、のちに「あれは間違いだった」と理論を撤回したそうです。
また、有名進学校に進学した子どもの多くは、リビングで勉強していたという仰天データもあるのだとか。


その仰天データの参考文献は

親の目の届くところで勉強させるほうが子どもも「ほら!ボクこんなに頑張ってるんだよ、見てみてっ!」っと思って頑張るんだそうです。
住宅事情もだし、子供用の勉強部屋より勉強コーナーのほうがいいのかも。

盲目のピアニスト辻井伸行氏のお母さんから学んだ法則

とことん親ばかになれ。親ばかにならないと子供の才能を見つけられない。
授乳や赤ちゃんのお世話によって分泌されるプロラクチンというホルモンは、母親の脳を育児向きの脳に変えていくのだとか。こうなると子供の微妙な変化に気づきやすくなるそうです。


子どもがちょっと何かすごいことをすると「将来は●●に・・」なんてよく言ってたりしますが、それもまんざら悪くないのかも・・?

参考文献はこれでした。



そして夢をつかむためにもっとも大事なことは・・・

自分の夢のすばらしさを信じ続ける。夢をもち続ける。夢の主人公は自分自身。




なのだそうです。

ということで、みんな、夢を持とう!

私もほんの少しだけ壮大な夢をさきほどノートに書きました♪そして夫にも言いました。
がんばってみよう~~~


お正月明けに見るにはちょうどいい、今年や今年からの目標について考えたくなるいい番組でした。(もちろん教育に関しても)


■私の記事より上手にまとめている方がおられたのでリンクします。
「天才じゃなくても夢をつかめる10の法則(詳細編)」きまま☆Diary



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

♪にゃんこ☆

Author:♪にゃんこ☆
2004年3月に結婚(夫HN:グリーンウェル)、2005年1月に妊娠がわかり、同年9月に長男(HN:ぷちぐり)を出産しました。
さらに2008年5月に二人目を妊娠し、2009年1月に次男(HN:みにぐり)を出産しました。
そして2010年5月、三人目を妊娠。2011年1月に長女まめにゃんが誕生しました。
ただいま3人育児に奮闘中です。

お問い合わせ窓口とにゃんこ一家のプロフィール


詳細は【にゃんこ一家のプロフィール】にて。

※広告掲載について
このブログは、アフィリエイトシステムを利用して広告掲載をしています。
>>詳細

本家サイトです
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最新トラックバック
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

BlogPeople
ユーザータグ

ぷちぐり みにぐり 妊娠生活 ぐりーん 料理 スイーツ 育児 産科医療 まめにゃん おなかの赤ちゃん にゃんこの実家 妊婦健診 保育所 幼稚園 発達 クリスマス ぐりーんの実家 連続ドラマ 外食 小児科 絵本  ダイエット 風邪 レシピ お正月 ファッション 飲み物 妊娠出産育児の本 旅行 言葉 離乳食 入院生活 誕生日 海水浴 大阪 マイホーム 家電 子どもの行事 コミック 久美浜 トミカ 赤ちゃんの危険 阪神 家事 見本市 産後ママ 予防接種 リンクシェア アニメ 手作り にゃんこの子ども時代 みなと悠悠 小説 NHK教育 J-POP 健診 LSレビューアフィリ ユキ ねんね モラタメ にゃんこのお友達 うんち にゃんこの車 いたずら ハンドメイド 母乳育児 授乳 はんど&はあと 入園準備 コスメ 二宮和也 競馬 ケータイ ライフスタイルの本 遊び スペシャルドラマ Wii ぐりーんの車 トイレトレーニング 音楽 年賀状 つわり 今年の抱負 公園 レビュー 映画 赤ちゃんグッズ 赤ちゃん 歳時記 薬膳マイスター あんよ ぷちぐりのお友達 おもちゃ がくぶん 読み聞かせ 散歩 入学準備 振り返り お笑い ベルメゾン 収納 ぐりーんのお友達 ギフト スキンケア サイト紹介  福祉 生理 入院準備 帝王切開 関西の番組 端午の節句 インフルエンザ レシピ本 お産の兆候 セシール 戦争 年末  内祝 運動会 ハロウィン 韓国ドラマ 通園グッズ ワンピース おむつ 小学校 奈良 芸能ネタ 節約 派遣の仕事 アフィリエイト 食育 祭り デジカメ 雑貨 結婚記念 ニッセン チャングム ムーブ 遊園地 発熱 おせち 母の日 野球 お弁当 冬至 病院の仕事 子ども服 神社 伊勢 朝ごはん 日本映画 嘔吐 写真 バレンタイン ロタウィルス 引越し トイザラス ニュース 松山ケンイチ たっち ビタミン 二人目が欲しい 下痢 図書館 母親教室 幸せ本  産科ニュース  有馬記念 夢をかなえる 地震 LSチャンネル CM ぐりーんの職場 お酒 お風呂 綾瀬はるか 公文 出産 突発性発疹 スマホ NHK 温泉 阪神淡路大震災 防災 七夕 プラセンタ 食材の効能 名前つけ 育児グッズ にゃんこの独身時代の話 劇団四季 アイリスプラザ 花火 戦争ドラマ 年中行事 掃除 しつけ お盆 年越し 幼児教室 姫野カオルコ 大掃除 名づけ いきものがかり ブログ きょうだい 栄養 結婚 テレビ ミシン 悪露 エイプリルフール ひなまつり 内祝い バイキング お名前シール 記念日 参観 救急 flumpool 家具 基礎体温 メジャー おお振り 通勤 公団 銀魂 おさかなちゃん モニター 教育 複合機 ぜんそく 学習 はなかっぱ DHC 飛行機 お葬式 お通夜 東野圭吾 競馬場 ママの就職活動 ミキハウス ベルメゾンネット 節電 耳鼻科 ドラマ ランキング 保存食 菖蒲湯 勝谷誠彦 タヒチ こどもちゃれんじ カラオケ 母乳 入学 お出かけ 出産準備 安全対策 七草 毛穴 産院 アンチエイジング 生活リズム 迷信ネタ 食あたり 迷子 政治家 脳科学 はいはい 遠足 おばあちゃんの知恵袋 ビジネス書籍 潮干狩り ノート術 朝顔 お手伝い 韓国語 医療ドラマ カフェ GW 陣内智則  人見知り まつり 簿記 フォトブック 子供服 小栗旬 お月見 ヘアケア ノンフィクション 祝い リンクシェア・チャンネル サワガニ iPod 洗濯機 試験 ヘルパンギーナ ソフロロジー おかげ横丁 ランドセル ホワイトデー もちつき 胎教 成宮寛貴 たんぽぽコーヒー 医療の制度 健康に関する本 保育園 トミカ博 レミオロメン だだこね 水槽 花火大会 香り 寝かしつけ 夜泣き 名刺 アンパンマン 鶴橋 焼肉 水族館 鳥羽 地デジ にゃんこの子ども時代の話 受験 日商簿記  菅原道真 準備品 桃の節句 アニメ映画 柚子湯 食欲の権化 紅白  プレゼント ツイッター 大河ドラマ 映画化 正月準備  乗り物  こいのぼり 釣り 気管支炎 洗濯 お絵描き ぷちぐりの友達 習い事 闘病記 内科 戦争映画 こむらがえり 迷信 空港 お歳暮 検診 白鳩 映画館 保健センター 児童書 楽天 PC 年金 LSレビューアフィリ IKEA リンクシェアチャンネル 乳腺炎 ティーライフ リンクシェア・チャンネル クラシック キッチングッズ カーヴィーダンス BBクリーム おでかけ 買い物 AKB48 認知症 Eテレ 家事グッズ サイト運営 薬膳料理 AKB Ripre ダウンジャケット ノロウィルス 子どもの病気 グッズ 紅葉 スケジュール 懸賞 Facebook 手帳 出石 ガンダム コンテスト おうちカフェ ゆず湯 防寒 伝い歩き つかまり立ち 東急ハンズ 夏祭り ルクエ 石鹸 お祝い NMB48 チョッパー キャラクター からだにいい本 マッサージ 新居 サイト 引っ越し 三浦春馬 博物館 TSUDOI BentoBOX 森下仁丹 写真撮影 給付金 サンキュ! イチゴ  若松美穂 mixi ポイントサイト 音楽番組 仏教行事 入園 自転車 テプラ 整理収納 クオカ  実用書 イオン 電子マネー トライアルキット パーティー しまじろう 祖父母 生理不順 キャリーバッグ 天体戦士サンレッド 夢展望 ベルーナ 日本橋 故障 録画 天気予報 WAON DVDレコーダー SONY キッチン 美容院 Word 仮面ライダー 子育て支援制度 クイズ 土用 水遊び 皆既日食 水ぼうそう UR賃貸 ZARD ホットケーキミックス ひらがな バラエティ  にゃんこの友達 上杉隆 MT テーマパーク 毛染め 心理系の本 国民休暇村 あせも ミネラル 法事 新書 バーベキュー アデノウィルス 御殿場 サンキュ ワーキングマザー 扁桃腺炎 介護 葬儀 ベランダ園芸 ハードディスク ノートPC 便秘 防犯 裁判 相談 コスプレ 葉酸 サプリ 寝返り発達 結婚記念日 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。