スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

紅白実況【12/31のツイートまとめ】

 2011-01-01
新年のあいさつもそこそこに・・・先にツイートログが上がってしまい、恐縮です^^;

昨日のつぶやきはほとんど紅白ネタでうめつくされています。
おさまりがいいので、紅白ネタでかためておくことにしました。

fruitsnyanko

紅白視聴中。ぷちぐりの最近のお気に入りはEXILEらしい。
12-31 19:44


今年の紅白は嵐が司会。登場するなり私のテンションが上がりました♪
浜崎あゆみのウェディングベールはいったいどれぐらいの長さがあるんだろう?・・・って思っていたらオーストリア人の男性とご結婚だそうですね。おめでとうございます。

最近ぷちぐりはEXILEの「I wish for you」がお気に入りらしいです。
気づけば「I wish,I wish, I wish・・・・」って歌ってます。

上野樹里キレイになった?
12-31 19:53



素朴な疑問だけど、男女混合ユニットの場合、どうやって紅白ふり分けてるんだろう?
12-31 20:02


これいつも謎なんですよね~。メインボーカルが男性か女性か・・・だったらAAAやHYってなんで白なん?って思うし、グループの男女比だったらいきものがかりはなんで紅なん?とか思ったりするし。

@maneki08 なるほど!なんでいないんかな?と思ってました(^^)
12-31 20:03


大野くんがいないなーーって話をしていました。

きゃーーーflumpool!!!
12-31 20:08


大好きなflumpoolが出てくれてさらにテンションUPです。曲も大好きな「君に届け」♪


そういえば紅白にモノランモノランが出るという噂があったけどほんとに出るんかな?
12-31 20:14

うわーーーーー!!ドコノコノキノコや!!!!うれしい
12-31 20:19

@hanewing14 ザッハトルテも出てほしかったね・・・
12-31 20:22


時間たってもうたけど、夫がたくみおねえさんに萌え萌えだった~~~(笑)
12-31 20:48


うちの息子たちの大好きな「おかあさんといっしょ」で人気の歌「ドコノコノキノコ」が、まさか紅白で聴けるなんて思わなかったので大喜び♪また、夫が歌のおねえさんに萌え萌えなんでこれまた大喜び。
ぷちぐりとみにぐりは足踏みダンスを開始。大人たちは手拍子しながら合唱。

我が家で紅白を見ながら一番盛り上がったのはこの時でした(笑)
ただ・・・ショートバージョンになっていたことと、作曲者のザッハトルテが登場しなかったのが残念!



 iTunes Store(Japan)



紅白実況【12/31のツイートまとめ】 の続きを読む

スポンサーサイト
カテゴリ :tweetログ トラックバック(-) コメント(-)

二宮くんの「大奥」を観て、イオンモールで癒しの時間

 2010-10-11
念願の「大奥」観てきました~~~♪

子どもらはパパにお任せし、帰りにミスドのドーナツを買って帰るという約束で、一人で外出。

こんなの久しぶり~~~。




二宮くんの「大奥」を観て、イオンモールで癒しの時間 の続きを読む

カテゴリ :テレビ・映画・DVD・音楽のお話 トラックバック(-) コメント(-)

歴代お気に入りドラマ12選

 2010-02-13
このブログではだいたい毎クールごとに注目ドラマについて何かひとこと感想を書いてきましたが・・・この冬のドラマは不作すぎて書く気がしない。。。

正直、今クールで楽しみにしているドラマといえば「ブラッディ・マンディ」と「不毛地帯」ぐらい。「ブラッディ・マンディ」は今回パート2だし、「不毛地帯」は秋から放映されているドラマ。

はっきりいって、楽しみがない。。。

ある意味、毎週毎週楽しみにしているドラマは「ルビコンの決断」だったりして(注:これはドラマというより、再現ドラマ・笑)


ま、おかげでたまっている録画を処理する時間が増えましたけど(笑)


ここで、にゃんこの趣味企画です。
これまでに放送されていたドラマでお気に入りのドラマを12本、選んでみました(^^)

■お気に入りドラマベスト3
1)白い巨塔(2003年10月~2004年3月/フジ系)
はっきりいって医療ドラマの最高傑作だと思います。
ただ、医療的視点よりは、教授選の泥沼や、医療裁判の行方のほうが気になり、おもしろかったですけど(^^)

2)仁-JIN-(2009年10月~12月/TBS系)
昨年末、続きが楽しみで楽しみで見ていたドラマ。サントラもステキでした。
脳外科医師が幕末にタイムスリップするという奇想天外なドラマながらも毎回泣かされました。
坂本龍馬役の内野聖陽さんがハマリ役♪

3)ライアーゲーム(2007年4月~6月/フジ系)
私は普段、ブログを書いたりネットしながらドラマを見るのですが、ついPCの手が止まってしまうドラマでした。

■その他7本
4)Dr.コトー診療所(2003年7月~9月/2006年10月~12月/フジ系)
実は医療ドラマの最高傑作はこちらだそうです。原作も好きなんですが、ドラマは原作とは違った雰囲気。でも両方好き。ロケ地の与那国島に一度行ってみたい。

5)のだめカンタービレ(2006年10月~12月/フジ系)
毎週毎週笑わせていただいたドラマ。なぜかこのドラマを見ているとおにぎりが食べたくなります。このドラマをきっかけにクラシックを聴いてみようと思いました。

6)白夜行(2006年1月~3月/TBS系)
東野圭吾さんの小説を読んでみようと思ったきっかけのドラマ。武田鉄矢さん演じる笹垣刑事がなんだかサイコチックで好きでした。(ちなみに夫は今でも時々笹垣の真似をする)
原作では血も涙もないような主人公たちですが、ドラマでの主人公たちはおろかで哀れで、みていて切なかった。

7)カバチタレ!(2001年1月~3月/フジ系)
今「特上カバチ!」が放映されているけれど私はこちらのドラマのほうが好きです。改めてみれば、ブレイク前の山Pや水川あさみ、山田優、香里奈が出演しているので出演者はすごい面々です。

8)官僚たちの夏(2009年7月~9月/TBS系)
高度成長期の旧通産省の話。このころはみんな元気だったのね~と思いながら見ていました。
また、このドラマで佐藤浩市さんが食べているおでんとか湯豆腐などがおいしそうに見える見える。
我が家の夕食はこのドラマで左右されたことも。

9)1リットルの涙(2005年10月~12月/フジ系)
毎週毎週泣いてました。このころの沢尻エリカかわいすぎ。
病床で「私、結婚できる?それよりも私、きれいな花に囲まれて眠りたい」って両親につぶやいたシーンで号泣でした。

10)アイシテル~海容~ (2009年4月~6月/日テレ系)
「もし、自分の子が殺されたら」「もし、自分の子が誰かを殺してしまったら」と考えながら重苦しい気持ちで見ていたドラマでしたが、双方の親の思いを疑似体験したことで意義のあるドラマと思いました。


■ベスト10には入れづらかったですがやっぱりお気に入り
Stand Up!(2003年7月~9月/TBS系)
わはは。二宮くんのドラマということでかなりヒイキしちゃいました(^^)エロい顔した二宮くんがサイコーにおもしろくって・・・。
またこのドラマ、今観れば共演者に山P、小栗旬、成宮寛貴とそうそうたるメンバーです。

■お気に入り外国モノドラマ
宮廷女官チャングムの誓い
過去このブログで何度もとりあげたドラマ。そういえばぷちぐりがお腹にいるとき「チャングムが終わるまで陣痛待ってくれ」って話しかけてました(結果、放送中から鈍い痛み~終了後に陣痛みたいな痛みが出て、その晩入院しました→結果、お産にはならず、ひと晩で退院しましたが)


こうやって見ると、フジテレビとTBSのドラマばっかりだなぁ。
日本テレビのドラマも特に水10時のドラマなんて結構好きなんですけど、あえてしぼるとなるとちょっと弱かったか。



■■追記(2013・5/15)■■

2013年版を作りました。この時と随分変わりましたよ。
>>【趣味企画】歴代のお気に入りドラマ12選




これは観るしかない!「GANTZ」の映画化~二宮くんと松ケンの共演♪

 2009-10-08
今朝、何気にヤフーのニュースを見ていたら
「二宮&松ケン映画で初共演」なんて見出しが飛び込んできた。

こんなん見逃すわけには・・・・

映画は、週間ヤングジャンプで連載されている「GANTZ」という漫画が原作なのだそう。


GANTZ  1~30巻コミックセット


んで・・・どんな映画なんかな?

ストーリーは・・・

どうやら謎の星人と彼らが戦う話みたいですね(超はしょり説明)


ホントにホントの詳細は公式サイトWikipediaなどで。

Wikipdediaを読んだら

作者が高校時代から暖めていた、「必殺仕事人」にSFテイストを加えた「夜にみんなで集まって殺しに行く」物語[1]を描いた青年漫画。



なんて書いてある。

「銀魂」や「BREACH」みたいな話??

うーーん、イメージできそうな、できなさそうな・・・。


ま、とにかくあの二人が主役なら・・・(★▽★)

製作はアニメ「ホッタラケの島」や映画「砂時計」の佐藤信介監督、脚本は「20世紀少年」の渡辺雄介さん、プロデュースは「デスノート」の佐藤貴博さん・・・

スタッフも素敵な方々ばかりのようです。


そして公開は前後編の2作構成で、2011年冬と春にされることになっているそうです。

ということは2回見に行かないといけないのね。
こりゃ子どもらはにゃばば宅で留守番してもらって(爆)見に行かなきゃ♪


>>最安値でイッキにまとめ買い
ブックオフオンラインのオトナ買い




二宮くんの初出演ドラマ「天城越え」DVDを衝動買い

 2009-07-21
天城越え [DVD]
天城越え [DVD]松本清張 大岡進 金子成人

ポニーキャニオン 2007-05-25
売り上げランキング : 1946

おすすめ平均 star
star田中美佐子版
star癒し系の原点
star待望のDVD化!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ちょっと最近二宮くんLOVEが再燃し、二宮くんのWikipediaを再び見ていたら、二宮くんドラマ初出演だったドラマがつい観たくなって、Amazonで買ってしまいました♪

このドラマは1998年の新春ドラマとしてTBSで放映されたもの。原作は松本清張。
「二宮くん」「新春ドラマ」「松本清張」このキーワードが揃っていれば私にとっては大きなハズレはないと踏んだから買った、というのがホンネですけど(^^)

舞台は昭和26年。小さな印刷会社の社長・多吉のもとに、26年前の事件である「天城山中殺人事件」について話したいことがある、と、刑事さんが訪ねてきたところから始まります。
二宮くんは天城山中殺人事件が起こった大正15年の少年時代の多吉の役。
多吉は家での様々な不満が爆発し、家出を試みます。そして天城山中をさまよっていると、妖艶な28~9歳の女性・ハナと出会います。そして旅をともにするにつれ、ほのかな恋心を抱き始めます。
「この人を守ってあげたい」・・・と思い始めた矢先、人相の悪そうな男と出会います(ごめんなさい。この役をされていたのは六平直政さんでした^^;)。ハナは「この男と話がある」と言い、多吉に先に行くようにと言って追い払います。

数日後、人相の悪い男は他殺体となって発見、ハナが容疑者として手配され・・・というストーリーです。

二宮くんの演技がまだ初々しく、なんだか息子を見るような目で見てしまいました♪
やっぱり上手い・・・んでしょうね。目立つ感じではないけれど、静かにひそかに上手いというか。
タックルをかけるシーンは「硫黄島からの手紙」のラストに近いところでアメリカ兵に丸太を振り回すシーンとダブりました。

観ている途中で結末がなんとなく見えてきたので、ストーリー的には松本清張作品によくあるような展開です。ま、私は二宮くんが観れただけで満足ですが♪

そうそう、作中、刑事さんがミーティングをしているシーンがあったのですが、そこでチラッと、まだハゲきっていない温水洋一さんが映りました。今よりまだ髪が・・・ありました。



Wikipedia:二宮和也
◆「硫黄島からの手紙
Wikipedia:温水洋一



「流星の絆」ハヤシライス♪

 2008-11-17
IMG_1807.jpg

ドラマ放映中の「流星の絆」にでてくる洋食屋「アリアケ」の特製ハヤシライスのルゥです。
ドラマが始まってからずっと、近くのスーパーで探していたのですが、一度目は搬入当日でまだ店頭に並んでなくて(待ってもよかったんですが急いでいたんでこの日はあきらめました)、二度目に行ったら売り切れで、三度目の正直でやっと入手できました。ドラマも人気だけど、この商品も人気なんですね~~。

そしてさっそく今日、冷凍ご飯がたくさん余っていたのでこれ、食べてみました。

IMG_1812.jpg

カレーの場合、お鍋で煮込んで作るルゥとレトルトのカレーだとどうしても、お鍋のカレーのほうが格上で(変な表現だけど)おいしいと思ってしまいがちで、私はめったにレトルトカレーは食べないですが・・・。

このハヤシライス、普段家で作るお鍋のハヤシライスより・・・おいしい♪

・・・って、ベタな感想ですが。

冷凍してあったご飯を解凍して食べたのに、残りご飯を食べていることを忘れてしまいそうです。
半分まで食べすすんだ時、つい冷凍庫から追加の冷凍ご飯をだしてレンジで解凍を始めてしまいました。

はぁぁぁぁ。

おいしゅうございました

また買おうかな、と思いつつもひと箱278円・・・多少ためらってしまうかも。

「流星の絆」読みました

 2008-10-07



さて、今回はもうすぐドラマ放映される作品です。
主演・二宮和也、原作・東野圭吾、ときたらもうワクワクしてドラマを観るのが待ちきれなくて原作を買っちゃいました。普段なら文庫化を待つほうなので、私にしては珍しいことをしました。


洋食レストランを経営する両親を殺された功一、泰輔、静奈の3兄妹。
十四年後、泰輔が事件当日目撃した男に復讐計画を仕掛けるのですが、静奈が男の息子に恋してしまう・・・という話。


私はコレを通勤途中や病院の待ち時間に(実は妊娠中です)読んでいたのですが、やめられなくなり、家事の合間や子どもを寝かしつけてから就寝時間までのわずかな時間を見つけては読みすすめましたが。。。途中で読むのを中断するのになんと勇気のいることか。そして最後のどんでん返しでは先を知ろう、知ろうとして焦って読むペースと、「え?え?なんでーーー?」と思いつつ気持ちを整理しようとする心の動きがかみあわなくなって、少しワケがわからなくなりました。


でも、エンディングまでには落ち着き、ああよかった♪と思えました。
やっぱり東野作品は期待を裏切りません。


ひとつ気になるのは・・・ラストの行く末が東野さんにしてはちょっと安易に流されちゃった?と思ってしまうようなラストだったこと。これはこれでいいのかもしれないけれど・・・いっぱい問題あるやん!いいのこれで??って思ってしまいました。


ごめんなさい。こんな文章ではなんのことかわかんないですよね^^;
ミステリー小説はあまり詳細を述べると面白みが半減してしまうのでこの程度でお許しください。


詳細は作品そのものを読んでいただくのが一番ですが・・・10月17日(金)10:00スタートのドラマを観ていただくのでもいいかも。ただ・・・本当に原作どおりに進むのかどうかわかりませんが。


二宮くんと戸田恵理香さんは原作のイメージにもぴったりで、なんて素敵なキャスティング♪と思いました。錦戸くんは・・・彼の演じる泰輔のキャラ自体が薄いのでイメージに合うかどうか判断しにくいことと、「ラスト・フレンズ」の宗佑のイメージが今だに抜けないことから・・・うーん。。。よくわかりません。





「流星の絆」公式サイトはここから

「硫黄島からの手紙」観ました

 2006-12-10
公開前からずっと楽しみにしていた映画「硫黄島からの手紙」を観に行ってきました。

特に今から「アカデミー助演男優賞にノミネートかも!?」と言われていた二宮くんの演技が楽しみでした。

昨日ちょうど、伊藤淳史主演の「硫黄島の郵便配達」を観てて、当時硫黄島で戦っていた人たちがいかに家族からの手紙を待ちわびていたか、また手紙を書くこと癒しになっていたかがすごくよくわかって、その上で鑑賞するとわかりやすかったように思います。

渡辺謙演じる栗林中将や二宮くん演じる西郷、加瀬亮演じる清水も、作中で家族に手紙を書いている。家族に届かなかった手紙もあるが、この人たちは手紙を書くことで、極限状態にいる自分を慰めていたのでしょう。そう思うと泣けてくる。

二宮くんの演技はほぼ期待通り。ただ、裕木奈江と夫婦と言うのは年齢的に無理があるような・・・。裕木奈江って私と同世代やで。一方二宮くんは20代前半ぐらいか。一回り近くの年の差か・・?せめてもうすこし若い嫁をキャスティングできなかったのかなぁ?
そういえば当初西郷は30代ぐらいの男性と言う設定だったらしいけど、二宮くんを起用したいために年齢設定を変えたという裏話を聞いたことがありますが、嫁が先にキャスティングされてしまったのでこういうことになったのかもしれないですね。

ああ、彼にはぜひ、アカデミー助演男優賞にノミネートされて欲しいなぁ。

ちなみに私は、バロン西役の伊原剛志がすっごくかっこよかったのにホレました。洗練された雰囲気と有能さ、すべてが男前♪

最新映画、話題作を観るならワーナー・マイカルで!
↑ワーナー・マイカルシネマズで映画鑑賞を予定される方!ここから座席予約ができます。

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

♪にゃんこ☆

Author:♪にゃんこ☆
2004年3月に結婚(夫HN:グリーンウェル)、2005年1月に妊娠がわかり、同年9月に長男(HN:ぷちぐり)を出産しました。
さらに2008年5月に二人目を妊娠し、2009年1月に次男(HN:みにぐり)を出産しました。
そして2010年5月、三人目を妊娠。2011年1月に長女まめにゃんが誕生しました。
ただいま3人育児に奮闘中です。

お問い合わせ窓口とにゃんこ一家のプロフィール


詳細は【にゃんこ一家のプロフィール】にて。

※広告掲載について
このブログは、アフィリエイトシステムを利用して広告掲載をしています。
>>詳細

本家サイトです
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最新トラックバック
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

BlogPeople
ユーザータグ

ぷちぐり みにぐり ぐりーん 料理 スイーツ 育児 妊娠生活 まめにゃん 産科医療 にゃんこの実家 保育所 発達 ぐりーんの実家 幼稚園 クリスマス 連続ドラマ おなかの赤ちゃん 絵本 風邪  ダイエット 妊娠出産育児の本 お正月 旅行 言葉 小児科 レシピ 離乳食 外食 ファッション 海水浴 飲み物 子どもの行事 大阪 トミカ 誕生日 見本市 マイホーム 久美浜 家電 入院生活 産後ママ 予防接種 家事 リンクシェア アニメ 阪神 コミック 小説 NHK教育 にゃんこの子ども時代 健診 赤ちゃんの危険 にゃんこのお友達 J-POP ハンドメイド いたずら 手作り みなと悠悠 妊婦健診 うんち ねんね 授乳 ユキ 競馬 母乳育児 ケータイ 年賀状 ライフスタイルの本 今年の抱負 トイレトレーニング 入園準備 遊び はんど&はあと 二宮和也 コスメ あんよ がくぶん 薬膳マイスター 読み聞かせ 音楽 赤ちゃん LSレビューアフィリ Wii おもちゃ  映画 スキンケア 生理 モラタメ 端午の節句 ギフト 振り返り ぐりーんの車 ベルメゾン お笑い レビュー にゃんこの車 公園 通園グッズ 収納 芸能ネタ スペシャルドラマ 散歩 韓国ドラマ 派遣の仕事 セシール 節約 おむつ 関西の番組 ワンピース 年末 レシピ本 朝ごはん 雑貨 内祝 嘔吐 歳時記 アフィリエイト インフルエンザ お弁当 福祉 神社 食育 伊勢 祭り おせち 帝王切開 ぐりーんのお友達 結婚記念 ムーブ ぷちぐりのお友達 子ども服 奈良 日本映画 母の日 小学校 冬至 きょうだい 二人目が欲しい 産科ニュース ニッセン お風呂 写真 ビタミン 七夕 綾瀬はるか LSチャンネル 幼児教室 プラセンタ 劇団四季 たっち 名づけ デジカメ  有馬記念  温泉 幸せ本 ロタウィルス 下痢 入学準備 夢をかなえる バレンタイン お産の兆候 姫野カオルコ 松山ケンイチ しつけ CM お盆 遊園地 花火 発熱 阪神淡路大震災 トイザラス NHK 名前つけ スマホ 戦争 大掃除 防災 出産 入院準備 赤ちゃんグッズ 年越し チャングム アイリスプラザ 掃除 図書館 年中行事 引越し いきものがかり カラオケ 競馬場 産院 結婚 東野圭吾 モニター 簿記 悪露 ミシン DHC ぐりーんの職場 内祝い 突発性発疹 ノート術 銀魂 ベルメゾンネット テレビ 試験 ビジネス書籍 家具 栄養 ぜんそく 食材の効能 七草 複合機 教育 出産準備 にゃんこの独身時代の話 おさかなちゃん 入学 母乳 つわり 勝谷誠彦 こどもちゃれんじ 菖蒲湯 ドラマ 保存食 ランキング 安全対策 病院の仕事 政治家 地震 脳科学 はなかっぱ お手伝い 参観 ハロウィン  公文 育児グッズ 節電 ママの就職活動 生活リズム 迷信ネタ  小栗旬 ひなまつり おばあちゃんの知恵袋 救急 リンクシェア・チャンネル サワガニ はいはい 食あたり お名前シール ヘルパンギーナ 運動会 潮干狩り 迷子 記念日 ニュース ブログ 通勤 基礎体温 人見知り メジャー 洗濯機 遠足 韓国語 flumpool おお振り お月見 iPod 公団 医療ドラマ 野球 陣内智則 まつり GW ヘアケア エイプリルフール フォトブック 朝顔 習い事 寝返り発達 キッチングッズ 気管支炎 学習 耳鼻科 サプリ コスプレ ミネラル 釣り 便秘 もちつき 心理系の本 お酒 毛染め お出かけ 相談 香り 御殿場 バーベキュー 母親教室 戦争ドラマ 花火大会 保育園  健康に関する本 アデノウィルス お絵描き ソフロロジー 東急ハンズ ノートPC ワーキングマザー 扁桃腺炎 洗濯 お葬式 闘病記 サンキュ ハードディスク こいのぼり お通夜 葉酸 新書 サイト運営 家事グッズ 薬膳料理 Eテレ BBクリーム 認知症  出石 チョッパー NMB48 キャラクター バラエティ ガンダム お花 おでかけ 国民休暇村 ノロウィルス ノンフィクション 子どもの病気 タヒチ レミオロメン ダウンジャケット 買い物 トミカ博 祝い AKB 紅葉 皆既日食 だだこね 法事 つかまり立ち 伝い歩き コンテスト ZARD ルクエ ホワイトデー 毛穴 水槽 防犯 裁判 アンチエイジング ホットケーキミックス おうちカフェ 土用 サイト 水遊び マッサージ からだにいい本 クイズ 新居 ゆず湯 ひらがな 防寒 お祝い UR賃貸 夏祭り  パーティー しまじろう ミキハウス 飛行機 お歳暮 トライアルキット 祖父母 日本橋 アニメ映画 キッチン 故障  実用書 生理不順 サイト紹介 音楽番組 キャリーバッグ ベルーナ 夢展望 リンクシェア・チャンネル テーマパーク 博物館 楽天 整理収納 PC ティーライフ テプラ 迷信 美容院 給付金 保健センター サンキュ! 若松美穂 児童書 TSUDOI BentoBOX 写真撮影 mixi 三浦春馬 森下仁丹 映画館 白鳩 検診 DVDレコーダー 録画 SONY Word ポイントサイト 天気予報 WAON  こむらがえり イチゴ イオン 電子マネー クラシック あせも 受験 ツイッター 日商簿記 プレゼント 夜泣き 葬儀 正月準備 菅原道真 大河ドラマ 映画化  バイキング 柚子湯 ベランダ園芸 にゃんこの友達 成宮寛貴 乗り物 カフェ ぷちぐりの友達  グッズ 食欲の権化 上杉隆 たんぽぽコーヒー 紅白 医療の制度 準備品 にゃんこの子ども時代の話 仮面ライダー 自転車 リンクシェアチャンネル おかげ横丁 年金 結婚記念日 MT 乳腺炎 子供服 仏教行事 天体戦士サンレッド 入園 桃の節句 子育て支援制度 戦争映画 名刺 内科 アンパンマン 地デジ 鶴橋 焼肉 介護 LSレビューアフィリ IKEA 水族館 鳥羽 胎教 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。