スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

最近お気に入りマンガ~「おおきく振りかぶって」

 2009-09-03
高校野球のシーズンは終わりましたが・・・。私が今ハマっている野球マンガをおひとつ。


おおきく振りかぶって 12(今の時点ではこれが最新刊)

先日このブログで書いた「メジャー」といい、どうも最近、野球マンガが好きみたいです。(→一家揃ってメジャーにハマる

でも実は、野球マンガに興味を持ち出したきっかけはメジャーではなく、「おおふり」(略称)のほうでした。



>>続きを読む




スポンサーサイト

「わたしたちは繁殖している」

 2009-01-09
私たちは繁殖しているイエロー (角川文庫)
私たちは繁殖しているイエロー (角川文庫)内田 春菊

角川書店 2000-12
売り上げランキング : 88769

おすすめ平均 star
starオンナとして母として
starかっこいい女
starこういうのっていいですねぇ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



自分自身、お産が近くなってきたこともあり、妊娠中に読んでおもしろかった&役立った本を紹介したくなりました。

この本は内田春菊さんの妊娠・出産マンガです。
たいていの妊娠・出産本はわりに母性を強調したものが多いですが、ここにはそういうのはいっさいなし。 自然体で楽しく育児をしている様子が描かれている中に、たまにヘビーでブラックなエピソードもあり、さらに、何かがあったときに産科の医師に相談しないと聞けないようなちょっとした小話もあり、イメトレ&ストレス解消&ためにもなる(自分の症状と関係なかったら関係ないんですけれどね^^;)マンガだと思います。


この本との出会いは、タイトルに色の名前がつく前のハードカバーだった頃で、独身時代からけっこうヘビロテで読んでいました。今から思えば当時の私は、いつか経験する妊娠・出産について(あくまで体験談として)少しずつイメージしていたんですね。


そしてピンクの巻では妊娠だけでなく、作者が体験した流産や子宮外妊娠についても描かれており、一妊婦の体験談として読めるようにもなっています。

私たちは繁殖しているピンク (角川文庫)
私たちは繁殖しているピンク (角川文庫)内田 春菊

角川書店 2001-02
売り上げランキング : 79053

おすすめ平均 star
star辛さを面白おかしく
starやっぱり面白い!
star痛そー!!★ でも産みてぇ~

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ただ、悲しいかな、このシリーズで私がお勧めできるのはタイトルのあとに色の名前がついている巻のみです(ほかにブルー、レッド、グリーンがあります)。
それ以降に出版された巻(文庫化されたものにはバトルというものがあり、大判で出版されている6・7・8巻に相当する巻のこと)は、育児の話も多少あるのですが、内容の多くは義父や義母、その他身内になった方たちに対する悪口のオンパレード。私は6巻を読んでさすがに辟易してしまったので7・8巻は未読ですが、呼んだ方のお話を聞くと私が辟易した6巻よりひどい内容になっているとのこと。
読まれるならその辺を覚悟していただいたほうがいいと思います。


でも、5巻まではおもしろい内容になっていると思いますので、そこまでならオススメできます。



待ってました!「育児なし日記vs育児され日記」

 2008-11-04


「ひよこクラブ」に連載されていたお気に入りのマンガがついに単行本化してくれ、さっそくゲットしました。


タイトルからも想像できるとおり、このマンガは筆者自身の育児体験をマンガにしたものですが・・・他の育児マンガとちょっと違うところは、赤ちゃんの視点からみた育児の様子も描かれているのが新鮮で面白い。


タイトルの「育児なし日記」は母からの視点、「育児され日記」は赤ちゃんの視点からみた日記、ということで、日常の出来事を両者の視点からみて楽しめるようになっています。


私が「ひよこクラブ」を購読していた当時は、「育児なし日記」の連載だったため、「育児され日記」のほうは今回お初だったのですが、いざ読んでみると「育児され日記」かなり笑えました。
母「プールのあとはよく眠ってくれるので仕事がはかどるわ~」
と思っていたら・・・
息子「プールのあとの昼寝はとろけるみたいで、夢も見たのか見ないのかぐーーーっすり
そして夜は
オレ様絶好調けけけけけけ
(真っ青になるパパママ)



そうなのよそうなのよ。
昼間さんざん遊ばせて、コテッと昼寝してくれたら「あ~助かった♪」とばかりに家事やネットして過ごせるのでその時はラクなんですけど・・・その夜はたいてい興奮して寝ないんだ^^;ウチの息子も一緒(笑)


ただいま育児真っ最中のママさんにぜひお勧めの一冊です。


私も続きが出たら絶対買います(っていつになるんだろ)



「斉藤さん」よりは「誰か彼女を止めてくれ」のほうが好き

 2008-03-09
誰か彼女をとめてくれ誰か彼女をとめてくれ
小田 ゆうあ

集英社 1996-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


誰か彼女をとめてくれ 【コミックセット】
小田 ゆうあ
B00007CC5Y



水曜10時のドラマ「斉藤さん」
iconの作者の初期作品です。
私も今、一応毎週欠かさずこのドラマを見ているのですが、正直、「なぜこっちの作品をドラマ化してくれなかったんだろう?」とくやしくなるほど、こちらの作品のほうが好きです。


こちらの作品は、大企業ZONY(SONYのパクリ?)の受付に派遣社員として勤務している三浦由海子を主人公としたOLもの。


斉藤さんは正論をぶちかますタイプの人で、ヒロイン像も多少共通項があるのですが、三浦由海子はちょっとナニワ節系の人情派。落ち込んだり元気のない人へのハッパのかけ方はちょっとオヤジっぽいともいえなくもないですが、こういう作品は読んでいて元気になれそうです。


で、やっぱり悪いやつを懲らしめるたぐいの話もあり。
ただ、その方法が面白い。
 

友人をだました男への仕返しにその男の結婚式に司会を装って潜入し、祝電を読み上げる。
「”マユミハアナタノコデス。ニンチシテネ”アケミ」
「”アノヨルノコトハワスレナイワ”ミナ」
「”ケッコンシテモ、マタダイテネ”ヨウコ」。
新郎はさぞや、ひな壇で真っ青でしょう。。。

現実にはこんなこと、できませんけどねw
しかし、現実にできないことをかわりにやってくれるという話と言うのはスカッとするもの。
またこんな話を読みたいなぁ。と思います。正直、いつのまにか不定期連載もされなくなってしまったみたいですごく残念です。せめてドラマにでもなってくれたら・・・と思ったりもするのですが派遣社員のドラマってつい最近、「ハケンの品格」を放映していたので、これのドラマ化はまず無理だろうなぁ(涙)



「マンガで読む「ロングセラー商品」誕生物語」を読みました

 2007-07-10
マンガで読む「ロングセラー商品」誕生物語(完全保存版)

藤井 龍二 PHP研究所 2010-02-25
売り上げランキング : 337712
by ヨメレバ




いまもおなじみの商品たちがどんなふうに開発されて改良されて作られたかが、短いマンガ形式で紹介されているマンガです。


カップヌードル、写ルンです、ごきぶりホイホイ、サトウの切り餅、ダスキン、味ぽんなどなど・・・。
ひととおり読んでみると、それぞれの商品を作った会社の姿勢や理念、商品を作るのに携わった方々の商品に対する愛情がひしひしと伝わり、思わず胸を打たれそうになりました。 読んでいると、ひとつの商品が売り出されるのに、多くの人達が頑張ってこられたのだなぁと感激してしまいます。
おかげで私たちは今、便利に過ごせているし、おいしいものを食べることが出来るんですよね。


 ひとつ驚いたのはカルピス。カルピスはもともと「醍醐素」という自然強壮食品として売り出されたがまったく売れず、ある日社員が「醍醐素」に砂糖を入れて水でといたら甘くておいしいと言い、来客用の飲み物としてお出ししていたそうです。ところが、前日の片づけを怠っていたところを社長が発見。そして何を思ったのか、社長は前日の来客用の残りを飲んでみるのです。すると、日がたつごとにおいしくなっていることが判明(笑)あらたな開発に乗り込んでできたのがカルピスだったそうなのです。


 しかし、熱心で商品への愛情にあふれているとはいえ、普通は前日の残りを飲もうとは思わないのでは....と思うのだけれど、それだけおおらかな感覚だった時代なのか、チャレンジャーなのか....すごいな、と思います。


そんな過程でできたカルピスは現在、息子の代のお気に入り。めったにジュースを飲まない私も大好きな飲み物のひとつです。チャレンジャー(笑)な社長のおかげでおいしいものを飲ませていただいています。


「毎日かあさん」読んで泣けてきた

 2007-04-15
毎日かあさん カニ母編 毎日かあさん カニ母編
西原 理恵子 (2004/03)
毎日新聞社

この商品の詳細を見る


去年の夫の誕生日プレゼントに贈った漫画です。私も一度読もう読もうと思い、なかなか読んでいなかったのですが先日、作者の西原理恵子さんの夫、鴨ちゃんがガンのため亡くなられたというニュースを聞き、読んでみることにしました。

夫がよく「ここに登場するアホな息子が憎めなくてなーーー」と言っているのでどんなんかと期待して読みましたが・・・まじでおもろい。
けど・・・大量のバッタを取ってきて「焼いて♪」とか傘を持っているのに傘を差さず、ずぶぬれ泥んこで帰ってくる息子。。。とか。。。
いずれ自分の息子もこんなことやこれに匹敵するようなおそろしげなことをされるのかも・・・と思うとああ、恐ろしい。

しかしほろりとするような話もあり、涙したところもありました。

夫の鴨ちゃんに
「次お酒飲むのは、娘の結婚式の時にしたら?それで死んでも誰も悪く言わないよ」とつぶやくシーンに思わず涙。鴨ちゃん、娘の結婚式見れずに亡くなってしまったんですよね。。。

あかん、思い出したら泣けてきた。。。

「のだめカンタービレ」にハマる

 2007-01-28

のだめカンタービレ 全25巻セット(セブンネットショッピング)
のだめカンタービレ全巻セットicon(ブックオフオンライン)


ドラマをきっかけに読み始めました。まだ9巻までなんですが^^;

ピアノの腕前は天才的だけど楽譜を読むのが嫌い、掃除・お風呂大嫌いな主人公・のだめ、指揮者を目指す「オレ様」千秋、千秋に恋する乙女なティンパニー奏者真澄ちゃん(男)、などなどの奇人変人たちが集う音大を舞台に繰り広げられるオーケストラ・コメディです。

mixiののだめコミュでもかなり原作に忠実だとは聞いていましたが、実際読んでみるとホントにドラマは原作のイメージそのままだったんだなぁって思いました。

今、我が家では一家そろって(といっても私と夫と1歳の息子だけですが)のだめがブームです。お正月には息子に真澄ちゃんヒゲを描いてみたり→息子は迷惑だったかも^^;クラシック番組を少し見るようになったり、図書館でクラシックCDを借りてみたりするようになりました。
夫はシュトレーゼマンの物まねに凝ってます。

好きなシーンとせりふ
・「たった2小節で間違えるなーー」
・峰くんと清良がコンパの時「結婚!」と言いながら抱き合った後、清良が峰に「離婚~~~~」って言ってるとこ
・のだめが盗み食いしようとしたお弁当の中に「おいしゅうございました 死んじゃえ委員会」の書置きがあるとこ

・・・すみません。読んだ人かドラマ見た人しかわかりにくいですね^^;





Still alive―まだ生きている 救急隊員がみた阪神・淡路大震災

 2007-01-17
Still alive―まだ生きている (You comics)

川富士 立夏 集英社 1998-03
売り上げランキング :
by ヨメレバ


 あっ、17日になってしまった。

 毎年1月のこの時期になると、あの阪神・淡路大震災を思い出す。メディアもまるで風物詩のように取り上げるということもあり、思い出さずにいられないというのもありますが。。。

 奈良の被害はそう大きくはなかったものの、震度4(奈良)はこちらではめったに体験しないし、早朝と言うこともあり非常に恐かったことを覚えています。

 しかし実際、被災された方々がどんなに辛い思いをしたか、被災者に対する心ない言動に辛い思いをさせられていたか、想像を超えるものがあったと思います。
 この作品によって少しでも彼らの気持ちに近づけるのではないか..そんな風にも思いました。

 この作品は、野上というT市の救急隊員、逆瀬という同僚の通信員、そして消防士の娘美里の視点からみた震災ドキュメンタリー。 救急体制の貧困さと助けたいのに助けられないジレンマに悩まされる救急隊員、被災者の様子やマスコミの暴力がリアルに描かれてます。

 作中にもありますが当時、T市の消防車はたったの6台。この6台で救急隊員は瓦礫の下に生き埋めになった人たちを助けるために走り回ったのだそう。

 通報のあった頭部出血多量の男性を助けるために出動した救急隊員が途中で瓦礫に埋まっている若い男性に出くわす。 周囲の人は当然「助けたって」と言う。救急隊員は「トリアージ」(災害時などの特殊な状況において、重症者を選別、助かる見込みのある者から優先的に治療・搬送すること)することを要求された。結局、目の前の若い男性を救出し、その後、最初に通報のあった男性のところに駆けつけたらその男性は息をひきとった後。

 家族は「今更担架なんかいらんわい!なんで生きているうちに来んかったんや!(略)お前らや!お前らが殺したんや-!」と号泣。救急隊員は引き返し、こうつぶやく。
 「担架が重いな。誰も乗せていないのにどうしてこんなに重いんだろう。」彼らの苦悩が痛いぐらいに伝わって、正直、読みながら涙、でした。

 また、この作品は震災当時のマスコミの無神経さをも描いています。「煙がどんどんあがっていて温泉街に来たような感じがしています」...ひどい。だったらあんたら観光に来てるんかっ!ってつっこみたくなる。

 そういえば当時、「こんな大地震が東京で起こっていたら...」とやたらテレビで言われていたのを思い出しました。まるで神戸だったからよかったといいたげな発言。聞いていた私は許せないと思ったのを覚えています。関西人として聞き捨てならん。

 とはいえ、それらのような当時の悲惨な状況だけだったら重い作品で終わっちゃうんですが、阪急電車が復旧して走るシーンやラストで震災での救助活動から救急隊の仕事に対する誇りをもてなくなった野上救急隊員が仕事への誇りを取り戻すところでは救われる思いがします。

 あれから12年。自然災害はどうしても避けられないもの、これらと今後うまくつきあっていくために地震に強い建物を作るとか救急災害体制をしっかりさせるなど、国や自治体の課題はまだまだたくさんありますよね。震災の犠牲になった方々の死を無駄にしないように、震災の教訓を今後にも生かしていかなければ!と思います。まずは防災グッズの準備から。

 最後にこの震災で亡くなられた方々の御冥福をお祈りします。




お気に入り育児マンガ「わたしがママよ」

 2006-12-05

 「ごくせん」の作者が昔、発表した大ヒット育児マンガです。
 私がこれを読んだのは高校生~大学生ぐらいの頃だったと思いますが、思えばこのマンガをきっかけにレディースコミックで育児マンガがたくさん発表され、このジャンルができたように思います。

 おそらく作者の一人娘がモデルと思われるたま子を中心に、こどもたちのよくありそうな笑い話がほのぼのしたタッチで描かれています。

 近くに子供がいない環境で過ごしてきて、初めて子供を持った私にとっては赤ちゃんや子供ってまるで異星人みたいな存在。結婚や子供と縁のない頃からなんとなく読んでいたこのマンガが今、非常に助かる参考文献となっています。
 ところが残念ながら、ここで出てくるエピソードのほとんどは2歳を過ぎたぐらいからの話になるのかな。わが息子はまだ1歳2ヶ月。「あんなことを言うかも、こんなことをするかも」とイメージトレーニングをしている今日この頃です。

 ひとつすごく共感したことが。
 作者の森本さんもそうなのですが、私は、汗臭くなった子どもの頭のにおいが大好きなのです。特に夏、お風呂に入れる前に存分ににおいをかいでお風呂に入れていました。同じ趣向の方がいて、安心しました(^^)

 ちなみに私の夫も、私が妊娠した時からこのマンガの虜となっています。おかげで、私が読みたいときは夫のベッドサイドから探し出さなければならなくなっています。。。





楽しみな秋のドラマ~まとめて~

 2006-10-16
こないだから見た秋ドラマたちについて一挙書き込み。

「Dr.コトー診療所2006」フジテレビ木曜22時~
これは、春頃からずーーーーーーーーっと楽しみにしてました。
前のシリーズは夫から勧められて観たのですが、ほとんど毎回号泣の嵐。あきおじの手紙や、重さんの娘が出て行ってしまうシーン、剛洋たちが東京までコトーを迎えに行った時の親父のせりふ、和田さんのアルバム。。。。。っとこれは前シリーズの話だ。

このドラマは2度ほどスペシャルを放映していましたが、今回もそれらを踏襲し、時の流れを感じさせる設定だったのがすごくうれしい。(剛洋の声変わりにショックを受けていた人たちが一部いたようですが・・・mixi「Dr.コトー診療所」コミュより)しかもサントラも前回と一緒。主題歌も同じく「銀の竜の背に乗って」。エンディングの和田さんの写真が出てくるのも一緒。前作からのファンにとってこれほどうれしいことはない。

今作からレギュラー入りした蒼井優ちゃんもカワイイし、今回の第一回もつかみはばっちり。もちろん毎週見るつもり。

ひとつ残念なのは、前作でいい味を出してくれていた内さんがいないこと。千石規子さんも高齢で、離島の撮影には耐えられなかったのかもしれないですが・・・残念。


「セーラー服と機関銃」TBS金曜22時~
長澤ちゃん意外と似合いますね。当時の薬師丸ひろ子ってミステリアスな雰囲気があるから長澤ちゃんではどうなんだろう?って思ってましたが、心配する必要はなかったみたい。ただ・・・あの歌だけはちょっと・・・。
前半はぷちぐりがこけて流血騒ぎだったので話が少しわからなかったのですが、来週も一応チェックしたい。


「たったひとつの恋」日本テレビ土曜21時~
亀ちゃんはやっぱりかっこいい♪
綾瀬はるかもお嬢様役やハロウィンの魔女の仮装、似合ってる。この人、着飾れば着飾るほど美しく見えますね。逆に貧乏な役は合わないかも知れませんが。
ストーリーはちょっと「太陽の季節」を思い出させそうな感じ。ちょっと今風の話っぽくはなさそう。でも、BGMのもの悲しげな雰囲気と亀ちゃん目当てでたぶん来週も見る(笑)


「鉄板少女アカネ!」TBS日曜21時~
最初は面白そうかな?と思ったけれど。。。う~む。
原作がマンガだからしょうがないけど、ばかばかしさ満開なドラマ。
開き直りも見れるんで、そういうのが好きな人は好きかも。私はパスです。
でも、お好み焼きはおいしそうだったし、今度お好み焼きの生地にすりおろしりんご入れてみようっと♪


「のだめカンタービレ」フジテレビ月曜21時~
録画しちゃいました。明日以降に見ます。
(「チャングム」も録画分があるんだよなぁ・・・早く見なきゃ)

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

♪にゃんこ☆

Author:♪にゃんこ☆
2004年3月に結婚(夫HN:グリーンウェル)、2005年1月に妊娠がわかり、同年9月に長男(HN:ぷちぐり)を出産しました。
さらに2008年5月に二人目を妊娠し、2009年1月に次男(HN:みにぐり)を出産しました。
そして2010年5月、三人目を妊娠。2011年1月に長女まめにゃんが誕生しました。
ただいま3人育児に奮闘中です。

お問い合わせ窓口とにゃんこ一家のプロフィール


詳細は【にゃんこ一家のプロフィール】にて。

※広告掲載について
このブログは、アフィリエイトシステムを利用して広告掲載をしています。
>>詳細

本家サイトです
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最新トラックバック
カレンダー(月別)
06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

BlogPeople
ユーザータグ

ぷちぐり みにぐり ぐりーん 料理 スイーツ 育児 妊娠生活 まめにゃん 産科医療 にゃんこの実家 保育所 発達 ぐりーんの実家 連続ドラマ 幼稚園 ダイエット  風邪 おなかの赤ちゃん 絵本 クリスマス 言葉 離乳食 妊娠出産育児の本 お正月 旅行 小児科 レシピ 外食 飲み物 ファッション マイホーム 家電 産後ママ 大阪 子どもの行事 誕生日 小説 トミカ 見本市 赤ちゃんの危険 コミック アニメ NHK教育 予防接種 リンクシェア 海水浴 健診 阪神 入院生活 家事 ねんね ユキ うんち 久美浜 J-POP ハンドメイド にゃんこの子ども時代 手作り 妊婦健診 はんど&はあと にゃんこのお友達 トイレトレーニング 授乳 競馬 年賀状 ケータイ あんよ いたずら 遊び みなと悠悠 読み聞かせ ライフスタイルの本 薬膳マイスター がくぶん 母乳育児 端午の節句 生理 今年の抱負 入園準備 お笑い 振り返り 二宮和也 レビュー Wii ワンピース ギフト 公園 ぐりーんの車 セシール ベルメゾン 収納 おもちゃ 派遣の仕事 節約 おむつ 韓国ドラマ 散歩 年末 関西の番組  映画 芸能ネタ 音楽 コスメ 朝ごはん 福祉 アフィリエイト 食育 内祝 嘔吐 奈良 祭り インフルエンザ ムーブ 日本映画 帝王切開 ぐりーんのお友達 にゃんこの車 小学校 ぷちぐりのお友達 母の日 モラタメ レシピ本 赤ちゃん スペシャルドラマ 結婚記念 冬至 おせち スキンケア 綾瀬はるか ビタミン たっち 劇団四季 LSレビューアフィリ お弁当 通園グッズ 写真 しつけ 幸せ本 図書館 発熱  ニッセン 入学準備 二人目が欲しい 雑貨 バレンタイン 年越し きょうだい 神社 下痢 幼児教室 ロタウィルス 大掃除 トイザラス スマホ アイリスプラザ CM 姫野カオルコ 年中行事 入院準備 防災 有馬記念 デジカメ 阪神淡路大震災 温泉  お盆 遊園地 いきものがかり 伊勢 チャングム 七夕 歳時記 夢をかなえる 出産 産科ニュース ぐりーんの職場 東野圭吾 記念日 ぜんそく ニュース カラオケ お産の兆候 松山ケンイチ ランキング エイプリルフール ベルメゾンネット お名前シール 産院 結婚 悪露 プラセンタ 赤ちゃんグッズ 家具 勝谷誠彦 出産準備 テレビ ミシン 参観 こどもちゃれんじ 突発性発疹 節電 お手伝い 子ども服 ドラマ 政治家 名づけ ひなまつり 地震 つわり 公文 菖蒲湯 内祝い お風呂 flumpool 迷信ネタ 潮干狩り 迷子 食あたり 生活リズム にゃんこの独身時代の話 GW お月見 簿記 陣内智則 小栗旬 入学 はいはい 引越し 遠足 ママの就職活動 病院の仕事 サワガニ ビジネス書籍 ノート術 母乳 育児グッズ 試験 戦争 おさかなちゃん  基礎体温 まつり 洗濯機 医療ドラマ 掃除 通勤 複合機 人見知り おお振り メジャー 韓国語 教育 公団 野球 花火 朝顔 栄養 LSチャンネル 地デジ  菅原道真 バイキング アンパンマン 日商簿記 受験 準備品 にゃんこの子ども時代の話 戦争ドラマ NHK ガンダム 食材の効能 七草 出石 保存食 キャラクター からだにいい本 NMB48 水槽 チョッパー だだこね 家事グッズ 紅葉 トミカ博 レミオロメン ダウンジャケット タヒチ 買い物 おでかけ サイト運営 薬膳料理 Eテレ BBクリーム お酒 マッサージ ゆず湯 成宮寛貴 防寒 胎教 ホワイトデー おうちカフェ 医療の制度 伝い歩き ハロウィン コンテスト たんぽぽコーヒー 新居  名刺 お通夜 お葬式 香り 花火大会 健康に関する本 もちつき ソフロロジー 母親教室 サイト 夜泣き 天気予報 博物館 運動会 三浦春馬 テーマパーク ブログ ヘアケア 上杉隆 MT 映画館 競馬場 迷信 ミキハウス 楽天 こむらがえり 検診 保健センター 児童書 心理系の本 ミネラル 土用 水遊び iPod クイズ UR賃貸 ZARD ホットケーキミックス ひらがな 皆既日食 バラエティ ノンフィクション フォトブック あせも 国民休暇村 祝い ヘルパンギーナ  PC ティーライフ 習い事 闘病記 洗濯 学習 ぷちぐりの友達  はなかっぱ 乗り物 こいのぼり 耳鼻科 東急ハンズ 夏祭り 毛穴 お出かけ 安全対策 気管支炎 キッチングッズ  紅白 リンクシェアチャンネル 年金 LSレビューアフィリ モニター 乳腺炎 DHC リンクシェア・チャンネル クラシック IKEA 戦争映画 プレゼント 柚子湯 食欲の権化 正月準備 映画化 内科 大河ドラマ 法事 新書 SONY DVDレコーダー 録画 美容院 キッチン 日本橋 故障 名前つけ アンチエイジング WAON サンキュ! 給付金 TSUDOI 若松美穂 イチゴ 電子マネー イオン 祖父母 しまじろう 結婚記念日 天体戦士サンレッド 銀魂 おかげ横丁 桃の節句 焼肉 鳥羽 水族館 おばあちゃんの知恵袋 夢展望 生理不順 トライアルキット パーティー サイト紹介 つかまり立ち ベルーナ キャリーバッグ BentoBOX 森下仁丹 御殿場 サンキュ ハードディスク アデノウィルス バーベキュー カフェ 扁桃腺炎 ワーキングマザー ノートPC 葉酸 便秘 防犯 裁判 相談 コスプレ サプリ 寝返り発達 ベランダ園芸 葬儀 ルクエ アニメ映画  ポイントサイト mixi グッズ 写真撮影 実用書 救急 仮面ライダー 子育て支援制度 介護 自転車 入園 音楽番組 仏教行事 鶴橋 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。